ツアー

2017.03.13

「丸藤は谷口を使って腹話術をしろ!」 新GHCタッグ王者・杉浦&拳王が挑戦者に無法要求! 

 

続いては昨日の横浜大会で王座決定戦を制し、新GHCタッグ王者となった杉浦貴&拳王が記者会見に登場。4・14後楽園大会で丸藤正道&マイバッハ谷口を相手に初防衛戦を行なうことになったものの、挑戦を受ける代わりに無法な要求を突きつけた。
■拳王選手コメント
「まあねえ、あの北宮のしつこさ、すっげえ腹立つよな。試合終わってもバックステジーでまだあいつは俺を襲ってきた。もう結果見えてんだろう、おい! このタッグマッチ、俺が勝ったんだからよ。いつまでそんな歯がゆい思いしてんだよ。もういいよ。これでもういいだろ? お前はダメなのか? わかった。じゃあ、次のよ、後楽園で俺の恐ろしさ、またあいつに叩き込んでやる」

■杉浦貴選手コメント
「まあ、拳王が2月24日後楽園で預けてたベルトが戻ってきただけであって、べつに何も変わったことはない。まあベルトが思ってたより磨かれてねえなっていうのは、内田がサボっていたんじゃないのかっていうぐらいのことで、ベルトは元々俺らの物だから。それだけだ」

──次の防衛戦、丸藤選手と谷口選手に決まりましたが、それについては拳王選手いかがでしょうか?

拳王 昨日のリング上で言ったように、なんであいつらが挑戦者として認められるのかが俺はまったく理解できないよ。昨日いた客のクソ野郎どもよ、あんな奴ら挑戦者にすんなよって。リング上でよ、マイクのスイッチ、自ら落としてマイク奪ってなんもしゃべれずに終わるような挑戦者、挑戦者として認められねえよ。誰が決めたんだよ? やっぱ内田だろ? あのヒゲクソ野郎だろ? あの野郎の思うようにさせないよ。俺が今度やる時はグッチャングッチャンのギッタンギッタンにしてやるからな! 

──杉浦選手は?

杉浦 まあ丸藤は認めてもいいけど、もうひとりは誰だ? 

──谷口選手です。

杉浦 ああ。しゃべれないし、どうせ丸藤に引っ張られて上がってきたんだろ? 自分じゃなんにもできない。あいつ人形か? しゃべれないもんな。丸藤に腹話術教えとけ。谷口使って腹話術しろ、リング上で。そうしたらやってやるよ。

【質疑応答】

──お二人に改めて伺いたいんですが、実際組んでみてタッグチームとしてどのような手応えを感じられました?

杉浦 お前よ、何回言えばいいんだ? 名前を言ってからだろう。おい!

──『プロレス・格闘技DX』の平木です。

杉浦 その前にお前、今日も遅れてきただろう! おい!

──申し訳ありません。電車が遅れてしまいました。

杉浦 おい、電車のせいにすんな! おい、皆さん、待ってたんだよ。謝れ、みんなに! 皆さまに謝れ! カメラに向かって謝れ、 前に出て謝れ。

──申し訳ありませんでした……(カメラの前に出てきて頭を下げる平木記者)。

杉浦 40秒ぐらい頭下げておけよ、お前。

──もういいでしょうか? もう40秒ぐらい……(頭を下げ続ける平木記者)。失礼致しました。改めてタッグチームとして組んでみた手応えを教えてください。

拳王 おい、このあと答えられるわけねえだろう、バカ野郎!

──杉浦さんはいかがでしたでしょうか? タッグチームとして組んでみた手応えを教えていただけますか?

杉浦 昨日の試合がすべてだろう。勝っただろう、俺たちは。紳士的なやり方で勝っただろう? なんか汚えことやったか?

──正攻法で。

杉浦 だろ? 強いんだよ。それだけ。

──拳王さん、北宮さんが次の一騎打ちに向けて果し合いだと。完全決着を示唆するような互いのプライドだけがルールだという要求しているんですけども、それについてはいかがですか?

拳王 あいつは前からよ、難しいカッコいいような言葉ばっかり並べるけどな、もう昨日で結果は見えているだろう。どちらが強いか? どちらがプロレスラーとして強いか、昨日の試合で結果は見えてるだろう。それを再びわからせてやるために、また後楽園であいつをマットに沈めてやるよ。

【終】