ノアカレンダー
G+サムライTV
ツアー最新情報はコチラ!
次回の大会

GTLへのカウントダウン

横浜ラジアントホール

4月11日(火) 18:30~

詳細へ
[前売]
S席:7,000円
A席:5,000円

[当日]
S席:7,000円
A席:5,500円
高校生・シニア:2,000円
小中学生:1,000円

中嶋勝彦
マサ北宮
vs 潮崎 豪
小峠篤司
拳 王
vs 丸藤正道
杉浦 貴
vs マイバッハ谷口 

選手の怪我などにより変更される場合があります

4月14日(金) 18:30~
後楽園ホール
4月15日(土) 18:00~
島田市総合スポーツセンター サブアリーナ
4月16日(日) 15:00~
えすぽわーる伊佐沼(川越市)
4月22日(土) 18:00~
新潟市体育館
4月23日(日) 17:00~
【永源遥 追悼興行】
金沢流通会館
4月24日(月) 18:00~
じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)
4月27日(木) 18:30~
栃木県総合文化センター・サブホール
4月29日(土) 18:00~
名古屋国際会議場
4月30日(日) 18:30~
エディオンアリーナ大阪 第2競技場
5月3日(水) 18:30~
後楽園ホール
5月4日(木) 18:30~
【優勝決定戦】
後楽園ホール
5月13日(土) 17:00~
上越観光物産センター
5月14日(日) 14:00~
埼玉県産業技術総合センター・SKIPシティ (川口市)
5月21日(日) 18:00~
ふじさんめっせ(富士市)
5月23日(火) 18:30~
後楽園ホール
詳細へ
詳細へ
試合結果

Spring Navig. 2017

後楽園ホール

3月25日(土) 18:30~

詳細へ
チケット購入 ローソンチケット携帯からのご購入イープラス電子チケットぴあ
インターネット配信でNoahの試合を視聴!
サムライTVオンデマンド
プロ格DXスマートフォン対応
無題ドキュメント
ツアー注目情報

2017.03.13

虎王&シャイニング競演! “天才タッグ”丸藤&武藤が華麗勝利 3月12日(日)横浜文化体育館大会試合後コメント

壮絶猛打戦…潮崎粉砕で中嶋V4、方舟の“先頭”死守▼虎王&シャイニング競演! “天才タッグ”丸藤&武藤が華麗勝利▼杉浦&拳王がGHCタッグ強奪、丸藤&谷口表明も一笑 屈辱北宮は果たし合い要求▼大原が熱闘V2、熊野に「一緒にジュニアタッグ目指そう」▼2階席ダイブでテーブルクラッシュ敢行 “XX"石森&Hi69が初防衛▼3年半ぶり参戦・エドワーズが“ノア愛”全開で小峠と熱戦 …横浜文化体育館大会詳報

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください



虎王&シャイニング競演! “天才タッグ”丸藤&武藤が華麗勝利 3月12日(日)横浜文化体育館大会試合後コメント


◆第1試合 6人タッグマッチ
マイバッハ谷口、齋藤彰俊、小川良成 vs HAYATA、YO-HEY、藤原ライオン

【試合後の谷口】
――ビッグマッチで第1試合、勝ったが素直に喜べない部分もある?

▼谷口「そうですね。第1試合というのが今の自分の力を示してるんじゃないかと。だけど、この前の後楽園で丸藤さんからリング上に呼ばれて、“でくのぼう"と言われて。もう絶対必ず変わってやるんだ!って心に決めましたんで。これがラストチャンスのつもりでやっていきたいと思います」

――パートナーの潮崎から理解は得た?

▼谷口「自分の気持ちを一方的に話しただけなんですけど…とにかく今のままでは変われない。変わりたいんだ、と」

――素顔でも鉄仮面でもない第3の谷口を目指す?

▼谷口「そうですね。変わっていきたいと思います」



◆第2試合 GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権
(第30代選手権者)石森太二、Hi69 vs 原田大輔、タダスケ


【試合後の石森&Hi69】
――2階席からダイブしたが?

▼Hi69「大丈夫です。これが俺のプロレスです」

――ベルトへの思いから?

▼Hi69「そうですね。タダスケの隠し玉と俺の隠し玉。俺のほうが隠し玉でした」

――序盤に強烈な技を食らったが?

▼石森「それでも今日は頼もしいパートナーがやってくれたんで。今日はパートナーに助けられました」

――タッグチームとしての完成度は?

▼石森「それは組んでる時点であると思ってたし、これから何回も何回も防衛戦があると思うけど、その都度上がっていくものだと思うから。これから先、ジュニアタッグだけにとどまらず、ノアのヘビー。そこも食ってやろうかなと。そこは変わらないです」

――石森と組んで初防衛できた気持ちは?

▼Hi69「自分たちがずっと強く言い続けていること。それを達成するためには、このベルトは俺と太二が持っていないといけない。大阪のRATEL'Sも4人いますけど、それ以外のノアジュニアの選手もどんどん挑戦してきて欲しい」

――今後も防衛を続けていくことが、思いを結実させることにつながっていくと思うが?

▼石森「そうですね。防衛することもそうですし、このノアジュニア…ノア全体を変えることが俺らXXの使命だと思ってるんで、このまま突き進んでいきたいと思います」

※原田&タダスケはノーコメント


◆第3試合 GHCジュニア・ヘビー級選手権
(第33代選手権者)大原はじめ vs 熊野準(挑戦者)


【試合後の大原】
※腰を冷やしながらコメントブースに登場すると、その場で座り込む

▼大原「やばかった…。リング上でちょっとカッコつけて立ってたけど、もう我慢の限界。立てない…」

――試合中、上手くMNを切り返した

▼大原「返し方を自分なりにいくつか考えてたんだけど、パッと上手く切り返せたから。あれを食らってたら勝てなかった。ああ、きつい…」

――熊野選手にタッグ結成を呼びかけたが、どのあたりから頭にあった?

▼大原「大阪の時も言ったけど、やっぱり生え抜きである熊野っていうのはこのノアにとって宝だから。生え抜きの選手がノアは少ないからね。ノアとしても、ファンの人のことを考えたら、やっぱり熊野に期待するのが一番大きいと思うし。何とか熊野と一緒にこのノアを盛り上げていけたらなって気持ちが俺もあるし。さっきリングで言ったように、俺は生え抜きで戦えるリングがないから。生え抜きへの憧れとか、ちょっとコンプレックスを感じる部分があるし。お客さんの生え抜きに対する気持ちというのは凄く大事なものだと思うから。そういうのをちゃんと考えた上で、盛り上がるようなチームを作りたいなと思って、熊野に声をかけました」

――大原選手の気持ちは熊野選手にも届いていると思うが、戦ってみてどうだった?

▼大原「力の面では太刀打ちできないです、全然。タフだし、力も強いし。最後のほうは腰がもう全然動かなくて、技も確実に決まっていかなかったんだけど、何とか粘り勝ちというか、ムイビエンが入れてよかったなっていう。本当に紙一重でした」

――今後に向けて一言

▼大原「熊野がいいって言ってくれるかわからないけど、ぜひ熊野と組んで。XXとか、RATEL'Sとか、面白いヤツがいっぱいいる。腰の据わった強いヤツらだから、あいつらの腰を全部折ってやりたいと思います。というわけで、今日もムイビエン!」

【熊野の話】
「負けだ…まだだ…」


◆第4試合 シングルマッチ
清宮海斗 vs ジェームズ・ストーム


【ストームの話】
「俺はノアにベストであることを証明しにきた。Impact Wrestlingでもベストであるように、ノアでもベストになるんだ。それが嫌なら…俺のことは忘れるんだな」


◆第5試合 シングルマッチ
小峠篤司 vs エディ・エドワーズ


【試合後のエドワーズ】
――久々の緑のマットはどうだった?

▼エドワーズ「(※インタビュアーの日テレ平川アナに)オヒサシブリデス…(笑) 帰ってこられてとてもハッピー。緑のマットに立つから、グリーンテイストのコスチュームにしたよ。やっぱりこの緑のマットは僕にとって本当に意味のあるものだし、久々に立てて感慨深かったね」

――試合中に三沢さん、小橋さんも登場したが?

▼エドワーズ「イエス(笑) タイガードライバーはミサワサン、チョップはコバシサン。でも、もうちょっと練習が必要かな(笑)」

――今後に向けては?

▼エドワーズ「できるだけ多く帰ってきたいし、できればベルトが欲しい」

――Impact Wrestlingのパワーを見せられた?

▼エドワーズ「Impact Wrestlingのパワーとノアの力。それが合わさったものを今日は見せられたと思います」

【小峠の話】
「喋らすな、もう。ダメだ、こんなもん…」

◆第6試合 タッグマッチ
丸藤正道、武藤敬司 vs ムース、KAZMA SAKAMOTO



【試合後の丸藤&武藤】
※先に武藤だけがコメントブースに戻ってくる
会y号 ▼武藤「丸藤を待ってから。もう来るだろ?」

※丸藤がリング上から対戦をアピール。武藤の耳にもその声が届く

▼武藤「微妙に一緒にコメントできねえってことかな?」

――今の発言を聞くと、次は対戦ということになる?

▼武藤「まだわからないな。正直、当初の予定では20%俺が働くって言ったけど、15%しか働いてねえよな」

※ここで丸藤が姿を現す

▼丸藤「どうもありがとうございました」

▼武藤「いきなり俺の名前を出すなよ、試合終わってから」

▼丸藤「下心が見えちゃいましたか」

▼武藤「俺、一生懸命持ち上げるコメントを1人でしてたんだよ。あんなコメントされたら、やっぱりあんなことを言わなきゃよかったと思ってさ」

――丸藤選手、夢のタッグという願いがかなったが、どうだった?

▼丸藤「お客さんの気持ちが最初から乗ってたんで、凄いやりやすかったし、凄い自分の中でも…なんだかんだ言って、元々プロレス好きからあがっているレスラーなんで、僕は。凄い幸せな空間でした」

――先発は武藤選手だったが?

▼丸藤「そうですね。ノアファンの皆さんは、今日のあの声援を聞いてもらった通り、武藤さんのことを本当に楽しみにしてたと思うので、よかったと思います」

▼武藤「正直、試合やる前は亡き三沢社長の面影をとか言ってたんだけど、そんな面影見えなかったですね。丸藤は丸藤で。もしかしたら、彼の心の奥には三沢社長の魂というのが入っているかもしれないけど、外見はやっぱり丸藤は丸藤で。やっぱり時代というのは踏みつぶしていくものだから、これからも踏みつぶして、新しいノアというものを作っていってほしいですね。で、まあまあ、なりゆきでああやって言ったけど、もし本当に俺を踏み台にしたいと思った時は、俺も本当にコンディションを整えて、踏み台になってやろうじゃないかと、ちょっとだけ思いました」

――今の武藤選手のコメントを受けて?

▼丸藤「いやそんな、武藤さんと対角線に立つなんて恐れ多いことなんで…とか言いながら、やっぱり夢というものは見続けていいと思うし。それが叶うか叶わないかはわからないですけど、やっぱり俺もそうですけど、お客さんがワクワクするようなそういう空間、そういう会場にドンドンしていきたいんで。これから何が起こるかはわからないです」

――試合終盤には連係も出たが、あうんの呼吸で?

▼丸藤「僕は武藤さんのことを見てきたんで。普段はあんまりプロレスのことを考えないんですけど、今回ばかりは」

▼武藤「だけど、最後の連係はお前が何してくるのか、俺は想像つかなかったよ」

▼丸藤「ああ、すいません」

▼武藤「だから、勝手にやっただけなんだよな」

▼丸藤「そこはもう、僕が武藤さんを信用しているので。楽しかったです」

――やはりそこは天才同士のタッグで

▼武藤「俺は凡人ですよ。俺は努力の人ですから」

――この先の夢というのも気になるところだが?

▼武藤「それやるにはもう少しコンディションを整えてこなきゃ、ノアファンに対しても失礼だろうし、丸藤に対しても失礼になると思うから。明日からも日々精進していきますよ」

――今後についても含めて丸藤選手も一言

▼丸藤「まあでも、基本的にはこのノアというものをしっかり再生させていかなきゃいけないんで。しかるべきタイミングと、コンディション的なものが合ったならば、また武藤さんに連絡しようかなと思います。まずは電話番号を聞くところから始めます」

▼武藤「内田さん、知ってるぞ、俺の電話番号。変えてないから知ってるよ。ただ、KAZMAはともかく相手の外国人はよかったよ」

▼丸藤「強烈でした」

▼武藤「強烈だったな」

――今回はImpact Wrestlingとの対抗戦という図式だったが?

▼丸藤「またこれをキッカケに、ああいう選手が上がってくることもあるだろうし、何なら僕とかが行かせてもらう時もあるだろうし。ドンドンドンドン、グローバルという名に恥じないような団体に。先輩たちが作り上げようと思ったそれ以上の団体になるように、頑張りたいと思います」


◆第7試合 GHCタッグ王座決定戦
マサ北宮、モハメド ヨネ vs 杉浦貴、拳王


【試合後の杉浦&拳王】
▼拳王「やっとベルト帰ってきたけどよ! あいつ(内田会長)ベルト磨いてたのかよ!?」

▼杉浦「汚れてんじゃねえか」

▼拳王「きったねえベルトだな! おい!」

▼杉浦「俺たちが輝かせてやるよ」

――丸藤&谷口が挑戦表明してきたが?

▼杉浦「(※インタビュアーの日テレ山本アナに)お前誰だ。お前から名を名乗ってから質問しろ」

――日本テレビの山本と申します。丸藤&谷口が挑戦を…

▼杉浦「うっせー、うっせー! 客の反応がすべてだ。期待感あるか?」

――あるようにも見えましたが…

▼杉浦「お前にはあるように見えたんか?」

▼拳王「お前の耳おかしいんじゃねえか!? あんなヤツらの挑戦受けることねーとか俺には聞こえたぜ?」

▼杉浦「歓声起きたか? 谷口!って歓声起きたか?」

※さらに拳王が谷口を罵倒しているところへ北宮が切れ込んできたものの、杉浦&拳王は二人がかりで返り討ちに

▼拳王「なんで来てんだよテメー!」

▼杉浦「邪魔なんだよ、負け犬が」

※杉浦&拳王が去ると北宮は地を這いながらコメント

▼北宮「…まだだ。これしきのことで、ヘコむワケにはいかねえんだよ。25日、アイツと一騎打ちがあるだろう? すべてを懸けて、ルールはお互いのプライドだ。あとは何もいらない。これは果たし合いだ。あいつが間違っているということを力づくで証明する。拳王…後悔しろ!!」

【丸藤の話】「なあ、1回やらせろ。見とけ、お前ら。1回やらせろ」

※ヨネはノーコメント


◆第7試合 GHCヘビー選手権前哨戦
(第28代選手権者)中嶋勝彦 vs 潮崎 豪(挑戦者)


【試合後の中嶋】
――リングサイドを一周してファンにあいさつしていた。集まるファンの数が増えているように見えるが?

▼中嶋「そうですね。非常に嬉しいです。皆さんの声が増えていくのは、チャンピオンとしても嬉しいです。本当にありがとうございました」

――試合を振り返ると、序盤は静かな立ち上がりとなった。今までと違う雰囲気があった?

▼中嶋「そうですね。違った緊張感でしたね。そんな気がします」

――それは相手の潮崎選手が特別な存在だったから?

▼中嶋「そうだね、特別…どうだろう? 特別なのかわからないけど、2004年デビューはノアでは俺と潮崎選手しかいないんで。そういう意味では、特別なのかもしれないです」

――新たなライバル関係を感じて、ファンがまた見たいなと思うような試合になったと思うが?

▼中嶋「今、素直な気持ちはやりたくないけど、でもやるでしょう、黙ってても。俺たちはまだ美味しくないから。俺たちの世代はね。今日の試合をキッカケに美味しくなると信じてます」

――やりたくないと言っていたが、途中で中嶋選手も立てないんじゃないかという場面もあった

▼中嶋「まあ、きっとそれは向こうも同じことを思っているんで。やりたくないっていうのは、気持ち的に今はそこまで考えられないってだけで。でも、なんだかんだ、最初は団体が違う同じデビュー年の選手だったのに、気付けば同じリングに立って、盛り上げようとしている。それがなんか不思議ですね。これも何かの縁かな」

――試合後、マイクを持って上の世代に対してメッセージを送っていたが?

▼中嶋「思っているのは俺だけじゃないのかもしれない。みんなあると思う。俺たち同世代はきっと思っていることでしょう。1人1人にむしろ聞いてみてほしいですね。そして、今日の試合から潮崎豪の気持ちは伝わったんで。彼は彼の覚悟があって、今のノアのリングに上がっている。でも、思っているだけじゃいけないんで。それを形にしないと、何も進まないと思っているんで。それを…なんかそんなようなことを、試合を通じて潮崎選手と会話したような気がします」

――今後に向けてメッセージを

▼中嶋「さっきリングでも言いましたけど、今のノアに必要なもの、そして求められているもの、そういったものをもっと作っていくことが俺の役目だと思っているんで。しっかりそこを見据えていきたいと思うし。何よりも、今のノアは…どうだろう? お客さんは求めてるのかな? ちょっと個人的にはクエスチョンがあるけど、それを誰が変えていくか? もちろん俺しかいないでしょ。俺の他にむしろ誰がいるんだって。ベルトを持っているのはこの俺、中嶋勝彦だ。だから俺はもっともっと期待に応えていきたい。そして、俺がこのベルトを持っている以上…止まらねえ」

【試合後の潮崎】
――中嶋からありがとうという言葉があったが?

▼潮崎「ありがとう…そんな感謝の気持ちはいらないよ、俺は。中嶋勝彦と潮崎豪の戦いに感謝の気持ちはいらない。俺は俺を出すだけだから。俺のすべてをチャンピオンに叩きこむだけだから」

――復活を待つ声もあるが?

▼潮崎「今日の戦いで俺はまだまだ落ちたままだよ。必ず…必ず…あの場所(GHCヘビー)にたどり着く」



6人タッグマッチ

マイバッハ谷口 
マイバッハ谷口  vs HAYATA<br>(DOVE)

HAYATA
(DOVE)

齋藤彰俊
齋藤彰俊 YO-HEY<br>(フリー)

YO-HEY
(フリー)

小川良成
小川良成 藤原ライオン<br>(フリー)

藤原ライオン
(フリー)

6分23秒

マイバッハプレス→エビ固め

GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合

(第30代選手権者)

石森太二
石森太二 vs 原田大輔

(挑戦者)

原田大輔

(第30代選手権者)

Hi69
(フリー)
Hi69<br>(フリー) タダスケ<br>(フリー)

(挑戦者)

タダスケ
(フリー)

11分41秒

450°スプラッシュ→エビ固め


※第30代選手権者が初防衛に成功

GHCジュニア・ヘビー級選手権試合

(第33代選手権者)

大原はじめ 
大原はじめ  vs 熊野 準

(挑戦者)

熊野 準

16分32秒

ムイビエン


※第33代選手権者が2度目の防衛に成功

シングルマッチ

清宮海斗
清宮海斗 vs ジェームズ・ストーム<br>(Impact Wrestling)

ジェームズ・ストーム
(Impact Wrestling)

8分35秒

ラストコール→エビ固め

シングルマッチ

小峠篤司
小峠篤司 vs エディ・エドワーズ<br>(Impact Wrestling)

エディ・エドワーズ
(Impact Wrestling)

19分18秒

ボストンニーパーティー→エビ固め

スペシャルタッグマッチ

丸藤正道
丸藤正道 vs ムース<br>(Impact Wrestling)

ムース
(Impact Wrestling)

武藤敬司
(WRESTLE-1)
武藤敬司<br /> (WRESTLE-1) KAZMA SAKAMOTO<br>(フリー)

KAZMA SAKAMOTO
(フリー)

13分50秒

不知火→片エビ固め

GHCタッグ王座決定戦

マサ北宮
マサ北宮 vs 杉浦 貴

杉浦 貴

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ 拳 王

拳 王

21分41秒

オリンピック予選スラム→体固め


※杉浦貴&拳王組が第38代選手権者に。

GHCヘビー級選手権試合

(第28代選手権者)

中嶋勝彦
中嶋勝彦 vs 潮崎 豪

(挑戦者)

潮崎 豪

27分01秒

ヴァーティカルスパイク→片エビ固め


※第28代選手権者が4度目の防衛に成功

もどる