ノアカレンダー
G+サムライTV
ツアー最新情報はコチラ!
次回の大会

GTLへのカウントダウン

横浜ラジアントホール

4月11日(火) 18:30~

詳細へ
[前売]
S席:7,000円
A席:5,000円

[当日]
S席:7,000円
A席:5,500円
高校生・シニア:2,000円
小中学生:1,000円

中嶋勝彦
マサ北宮
vs 潮崎 豪
小峠篤司
拳 王
vs 丸藤正道
杉浦 貴
vs マイバッハ谷口 

選手の怪我などにより変更される場合があります

4月14日(金) 18:30~
後楽園ホール
4月15日(土) 18:00~
島田市総合スポーツセンター サブアリーナ
4月16日(日) 15:00~
えすぽわーる伊佐沼(川越市)
4月22日(土) 18:00~
新潟市体育館
4月23日(日) 17:00~
【永源遥 追悼興行】
金沢流通会館
4月24日(月) 18:00~
じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)
4月27日(木) 18:30~
栃木県総合文化センター・サブホール
4月29日(土) 18:00~
名古屋国際会議場
4月30日(日) 18:30~
エディオンアリーナ大阪 第2競技場
5月3日(水) 18:30~
後楽園ホール
5月4日(木) 18:30~
【優勝決定戦】
後楽園ホール
5月13日(土) 17:00~
上越観光物産センター
5月14日(日) 14:00~
埼玉県産業技術総合センター・SKIPシティ (川口市)
5月21日(日) 18:00~
ふじさんめっせ(富士市)
5月23日(火) 18:30~
後楽園ホール
詳細へ
詳細へ
試合結果

Spring Navig. 2017

後楽園ホール

3月25日(土) 18:30~

詳細へ
チケット購入 ローソンチケット携帯からのご購入イープラス電子チケットぴあ
インターネット配信でNoahの試合を視聴!
サムライTVオンデマンド
プロ格DXスマートフォン対応
無題ドキュメント
G+

2017.02.06

日テレジータス「激闘の記憶~NOAH三沢編~」◆三沢光晴 夢対決◆三沢光晴 2007年プロレス大賞MVP を放送!

G+ 番組紹介
日テレジータス「激闘の記憶~NOAH三沢編~」◆三沢光晴 夢対決◆三沢光晴 2007年プロレス大賞MVP を放送!

◆番組名
プロレス激闘の記憶~三沢NOAH編~①

◇内容
<三沢光晴 夢対決①>
2000年、自由と信念のもと新団体プロレスリング・ノアを旗揚げした三沢光晴。
実現不可能と思われたカードを次々と実現させていった。
2003年には、新日本プロレスの“黒のカリスマ蝶野正洋と夢のタッグを結成するなど三沢自らファンの期待に応えていった。
また、永源 遙さんの勇姿もお伝えします。

◇放送日時
2月18日(土)25:00~27:00
2月22日(水)22:00~24:00
3月13日(月)14:00~16:00


◆番組名
プロレス激闘の記憶~三沢NOAH編~②

◇内容
<三沢光晴 夢対決②>
2000年、新団体をつくりプロレス界の盟主となっていった三沢光晴は、NOAHという団体の枠を超えて戦いを求めていった。
新日本プロレスの永田裕志と棚橋弘至へとわたってしまったGHCタッグ王座を正パートナー小川良成とともに奪回すべく挑む。さらに団体初の東京ドーム大会に進出すると全日本の武藤敬司との夢対決も実現させた。
また、がんを患い引退を決意した冬木弘道との惜別マッチも行った。

◇放送日時
2月24日(金)18:30~20:30
3月6日(月)22:00~24:00
3月13日(月)27:30~29:30


◆番組名
プロレス激闘の記憶~三沢NOAH編~③

◇内容
<三沢光晴 2007年プロレス大賞MVP>
2007年は三沢光晴にとってメモリアルな一年となった。GHCヘビー級王者としての一年間の活躍が認められプロレス大賞の最優秀選手に選出された。
それは三沢にとって唯一の受賞であった。
当時NOAHの大黒柱のひとりであった小橋建太が、がんのため長期欠場へ。
発奮した三沢は2006年末、王者・丸藤から時代を再び引き戻すと、翌2007年に防衛記録を次々と更新し、団体を支えていった。

◇放送日時
3月27日(月)21:30~23:30


◆番組名
プロレス激闘の記憶~鶴龍&四天王編~①

◇内容
<鶴田と天龍 タッグ王座をめぐる争い>
1988年、全日本マットはシングル、タッグともに王座の統一の機運が高まっていた。
PWF認定世界タッグ王者の天龍&原と鶴田&谷津は戦う毎に試合内容がレベルアップ。ファンをうならせた。
6月にはその両チームがベルトをかけて激突!さらに、わずか6日後の日本武道館大会では、その勝者組がインタータッグ王者の“暴走戦士ザ・ロード・ウォリアーズと史上初のタッグ統一戦を行った。

◇放送日時
2月8日(水)18:30~20:30
2月17日(金)16:30~18:30
3月13日(月)11:30~13:30


◆番組名
プロレス激闘の記憶~鶴龍&四天王編~②

◇内容
<ハンセン王座奪取!亡きブロディへ捧ぐ>
1988年7月、プロレス界に衝撃が走った。ブルーザー・ブロディ死去。プエルトリコの地でトラブルに巻き込まれたブロディが凶刃に倒れた。盟友スタン・ハンセンは悲しみを乗り越え亡きブロディのために、ベルト奪取を誓い天龍とのダブルタイトルマッチに挑んだ。試合後、そのベルトを天に掲げブロディの名を叫ぶシーンは今でもファンの脳裏に焼き付いている。

◇放送日時
2月17日(金)18:30~20:30
3月3日(金)27:30~29:30
3月13日(月)25:30~27:30


◆番組名
プロレス激闘の記憶~鶴龍&四天王編~③

◇内容
<ブルーザー・ブロディ メモリアルナイト in 武道館>
1988年7月、不慮の死を遂げたブルーザー・ブロディを偲んで全日本プロレスは追悼大会を開催した。
会場の日本武道館には未亡人と愛息も招待され、盟友スタン・ハンセンは、亡きブロディの形見であるチェーンを手にリングへ。その対戦相手はアブドーラ・ザ・ブッチャー、豪華なシングル対決が思わぬ形で実現した。

◇放送日時
3月20日(月)21:30~23:30
3月23日(木)9:30~11:30


◆番組名
プロレス激闘の記憶~馬場&豪華外国人編~①

◇内容
<馬場2大タイトルマッチ>
1972年、ジャイアント馬場が全日本プロレスを旗揚げ。
その馬場は師匠・力道山ゆかりのベルトをかけ「世界ヘビー級選手権王座争奪戦」を行った。
対戦相手は世界の強豪10選手。まさに豪華な外国人が次々と馬場と戦った。
その中には、力道山と死闘を繰り広げた“魔王ザ・デストロイヤーの名も。
また、初代王者となった馬場は、“アラビアの怪人ザ・シークとの防衛戦も行った。

◇放送日時
2月10日(金)16:30~18:30
2月13日(月)15:00~17:00
3月13日(月)9:30~11:30


◆番組名
プロレス激闘の記憶~馬場&豪華外国人編~②

◇内容
<ジャイアント馬場3000試合突破記念特集>
1980年4月、ジャイアント馬場は通算3000試合出場を果たした。
翌1981年にはAWA世界王者とNWA世界王者を招へいし、記念試合を行った。
“AWAの帝王バーン・ガニアとは自身の持つPWF王座をかけてのダブルタイトル戦を決行。
さらにハーリー・レイスの持つNWA世界王座にも挑戦。日本のリングにわずか2か月で、2人の世界王者を招き、王座に挑むことができた馬場の政治力も話題を呼んだ。

◇放送日時
2月10日(金)18:30~20:30
3月2日(木)19:00~21:00
3月13日(月)23:30~25:30


◆番組名
プロレス激闘の記憶~馬場&豪華外国人編~③

◇内容
<ジャイアント馬場&ジャンボ鶴田特集>
1976年、全日本プロレスは春の恒例となったチャンピオン・カーニバルを開催。
4回目を数えたこのシングル最強決定戦は、この年から総当たりのリーグ戦となりより過酷な戦いとなった。
そして、そこで実現することになったのがジャイアント馬場とジャンボ鶴田の師弟対決。
次期エースとして馬場から英才教育を受ける鶴田が、師匠を相手に実戦でどこまで追い込むことができるのか注目された。

◇放送日時
3月13日(月)21:30~23:30
3月17日(金)10:30~12:30
3月27日(月)5:00~7:00


※番組の内容は予告なく変更される事がございます。あらかじめご了承下さい。
※再放送等、番組の詳細は日テレジータスのHPで御確認下さい。


もどる