ケガ・欠場情報

2016.12.16

12.16クワイエット・ストーム選手欠場に関する記者会見の模様

 

 

12月16日、都内のノア事務所にて会見が行なわれ、クワイエット・ストームの負傷欠場、および12.24後楽園での潮﨑豪&マイバッハ谷口組とのGHCタッグ選手権試合の中止が発表された。
■内田雅之会長のコメント
「残念なお知らせがございます。クワイエット・ストーム選手ですが、12月11日の高松大会において、上腕二頭筋腱断裂という、ケガをしてしまいました。本人も12月24日のGHCタッグ選手権に向けて、非常にコンディションもよく好調で、なんとか試合に臨んでベルトを獲りたいというふうに申しており、戦ってきました。しかし、再度医師の診断を受けたところ、たいへん残念ですが欠場して、治療に専念するということを申し受けました。たいへん、私どもとしても、タッグチームとして昇り調子だったので、苦渋の決断でございましたが、ここは医師の指示に従い、一日も早く復帰していただけることを望んで、欠場という判断をしました。12月17日の盛岡大会より、欠場いたします。クワイエット・ストーム選手の出場をお待ちいただいたファンのみなさま、関係者のみなさまにはたいへんご迷惑をおかけしますが、ここは事情を汲んでいただき、ご理解いただければと思います。それに伴うカード変更等につきましては、HPで発表させていただきます」

 

■クワイエット・ストームのコメント
「(すべて日本語で)今日はみなさん、集まってくれてありがとうございます。とても悔しいですけれど。24日は本当に、いままでで一番のビッグチャンスでした。でも、将来的に早く手術したほうがいいと言われたから……。今月の二十日に手術して、なるべく早くカムバックして、私とヨネで来年、必ずベルト獲ります。本当にごめんなさい」

 

■モハメド ヨネのコメント
「まず、王座戦を楽しみにしてくれたみなさん、本当に申しわけないです。パートナーはやっぱり友だちであり、仲間であり、家族であります。ケガは大事です。本当に苦しいですけど、もうしょうがないです。早く治して。これが最後じゃないので、来年必ずもう一回ふたりで組んで、ベルトにチャレンジしたいと思います。みなさん、今回は残念ですけど、一日も早いクワイエット・ストームの復帰を祈ってあげてください。よろしくお願いします」

質疑応答
――前哨戦ではタッグ王者の潮﨑&谷口組を押していたと思いますが、50ファンキーパワーズはチームとしての完成度も高まっていたのでは?

ヨネ そうですね。タッグリーグ戦のときから比べてみて、半年以上経って。このチームを組んだ最初の目的も、ベルトを取るためというのはありましたから。完成度はドンドンドンドン(上がっていって)。どこが完成形かはわからないですけど、二人の心がどんどん合っていったので。いま、状況がどんどん変わっていく中でのベルト挑戦、本当に楽しみにしていました。でも、今回のことも俺たちの次の力になるんじゃないかと、そういうふうに思って。これはもう事実であり、しょうがないので、次にいくことを考えて、日々進むしかないかなと思います。

――ストーム選手としては、ベルトまであとワンチャンスまで迫っているという実感はありましたか?

ストーム そうですね、ビッグチャンスだから。24日、50ファンキーパワーズは絶対にチャンピオンになると思ってたから、悔しい。

――潮﨑選手と谷口選手がチャンピオンですが、50ファンキーパワーズが再始動するまでチャンピオンでいてほしいという気持ちはありますか?

ヨネ そうですね! つえーつえーKESを破った、あのふたりですから。もの凄いチャンピオンだと思いますので。それに今回、決まっていた試合が流れたので、ぜひぜひこのあともどんどん防衛してもらって、もっともっとすげーチャンピオンになってもらって、そこを倒したいなと思います。

――ストーム選手は試合のどの場面でケガしたのでしょうか?

ストーム 試合が終わったら、筋肉が「おかしいな」と気づいて。MRIを撮ったら、筋肉を切ってました。(ケガをしたのが)どの場面かはわからないです。
【終】

クワイエット・ストーム選手欠場に伴い、12月17日(土)盛岡体育館大会以降の対戦カードが変更となります。
また12月24日(土)後楽園ホールにて予定されていたGHCタッグ選手権は中止となります。
ストーム選手の試合、GHCタッグ選手権試合を楽しみにしていただいていた皆様にご迷惑をおかけすることを深くお詫び申し上げますと共に、ご理解賜りたく重ねてお願い申し上げます。

各大会の対戦カードはこちらからご覧ください。
http://www.noah.co.jp/tour.php