ツアー注目情報

2015.09.22

「第9回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦」9月22日(火)後楽園ホール大会 試合後コメント

下記の通りお知らせいたします

「第9回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦」9月22日(火)後楽園ホール大会
試合後コメント
コメント ■第1試合 第9回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦 Bブロック公式戦
拳 王&大原はじめ vs 旭志織&梶トマト

【試合写真】  
 
 


【旭&梶組 コメント】  

<梶>「やったー!やったよ!最後の最後で勝ったぁ!」

<旭>「まだこれでギリギリ一枚繋がってるんでしょ?次が時間切れ以外の引き分けだったら、俺たち決定戦に残れる可能性あるから。次の結果待ちだけどチャンスがある限り絶対に諦めませんよ。時間切れ以外の引き分けを願います」

<梶>「まだ終わってないぞ!ハイテンショントマトを楽しみにしといて!ヨッシャー!」


【拳王&大原組 コメント】

<拳王>「なんなんだよ、あんなんよ。やってられるかよ、コノヤロー。3つ入ったか?」

<大原>「わかんねえ」

<拳王>「なんだよ、コノヤロー。負けちまったのかよ?どういうことなんだよ?俺たちが勝つのが一番おもしれえだろ?俺たちは何のためにお百度参りをして来たんだよ…」

<大原>「もしかしたら、お百度参りって1週間しか効果がないのかな?1週間経ってから全然運気がよくない気がする。たぶんお百度参りって1週間しか効果がないんだな」


コメント ■第2試合 第9回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦 Bブロック公式戦
原田大輔&小峠篤司 vs バッファロー&ビリーケン・キッド

【試合写真】  
 
 
 


【原田&小峠組 試合後コメント】  

<小峠>「決勝あるんで手短に。タイトルマッチは負けたけど、さすがうちの相方。メンタル取り戻してるから、このまま決勝行くし、大阪時代の恩師である二人に背中押してもらったから、もう絶対に負けられへん。優勝しよう。このまま行くから期待してください」

<原田>「まだ気は抜けないですね。こうやってノアで大阪時代の先輩たちとできたのは嬉しかったです。ただ、あと二つ勝たないといけないんで、頑張ります」


【バッファロー&ビリーケン・キッド組 試合後コメント】

―惜しい試合となったが?

<バッファロー>「残念かどうか、惜しいかどうかはやった本人たちしかわからないだろうよ。桃はノアの看板なんだし、正直、俺らの上を見てんだろうよ。それが当然だと思ってたよ。でもそれでな、パチーンといってこそ育てたじゃねえけど、まだまだ先輩が健在だというところを見せたかったんだけど、強いよ。大阪が生んだとかじゃないよな。完全にノアに育てられて、日本のタッグチームだよ。悔しいような、嬉しいような」

<ビリーケン>「まあ、結果が全てなんで。やつらが強かったということでね。なんすかね、いろんな思いが正直あったんで、あいつらが入場した時、あいつらの曲が鳴った時、凄いグッと来るものがあったんだけど、そう思っている時点で僕の負けだったんでしょうね」

<バッファロー>「かもな。もうあいつらは俺らのことなんか見てねえよ。もっと上を見てるよな。悔しい」

<ビリーケン>「あいつらが上を見ている間は俺らがいつでも足下をすくいに来るんで。俺らがいるってことを忘れないでおけよ」

―肌を合わせて成長を感じた?

<バッファロー>「感じるというか…ご覧の通りですよ」

<ビリーケン>「そうですね。悔しい、悔しいな。負けて当然だと周りは思っていたけど、その通りになっちまったのがもっと悔しい」

<バッファロー>「悔しいね。俺らは負けて当然と思ってないからな。ところどころであったのはあったんだけど、それを出させない技術があるな。悔しいよ。もう時間ないからな。来年、再来年、早いうちに借りを返しておかないと。あいつらがベルトを獲ってくれたら面白いんだよ。ノアが取り返したら、大阪でやろうぜ。俺らに挑戦させろよ。リーグ2位だったら権利あるだろ。アゼリア大正でやらせろ。府立とは言わないから」


コメント ■第3試合 第9回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦 Aブロック公式戦
平柳玄藩&キャプテン・ノア vs 石森太二&政宗

【試合写真】  
 
 


【石森&政宗組 試合後コメント】  

<石森>「結果的に決勝に行けないのは残念だったけど、これもいい経験になったんで次につなげていきたいと思います」

―このチームの今後は?
<石森>「僕自身はシングルに目を向けていきたいんで、一旦、ひとりって感じでやっていきたいと思います」


【キャプテン&玄藩組 試合後コメント】

<キャプテン>「玄藩、言ってやれ!」

<玄藩>「(マスクを脱いでペイント姿をあらわにすると、カメラをにらみつけながら)ウワアア!」

<キャプテン>「てめえ、ロードウォリアーズか、この野郎!」

(※3回ほど繰り返すと)

<玄藩>「ありがとうございました。ウワアア!」

<キャプテン>「てめえ、ロードウォリアーズか、この野郎!」

(※4回ほど繰り返し、キャプテンが玄藩のマスクを叩きつけて去っていく)

<玄藩>「(帰ると見せかけて)ウワアア!」

コメント ■第4試合 第9回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦 Aブロック公式戦
TAKAみちのく&エル・デスペラード vs 小川良成&ザック・セイバーJr.

【試合写真】  
 
 
 


【TAKA&デスペラード組 試合後コメント】  

<TAKA>「TAKA&ペの腕を切らして小川を断つ。油断したな。腕の一本や二本な、それぐらい何度でもくれてやるぞ。決勝誰が来たんだ?ま、誰でもいいよ。どうでもいいんだよこんなリーグ戦。楽しませろよ。もう一組の上がって来る奴ら。ロッシー小川さんよ、あんただけは楽しかった。だけどよ、ワンツースリー取ったのは俺たちなんだ。勝たなきゃ意味ねぇんだ」

<デスペラード>「ザックとは違うのだよ、ザックとは」


【小川&ザック組 試合後コメント】

―まさかの敗北となったが?

<小川>「そうだね。まさかの。ちょっと詰めが甘かったね。昼間の試合はちょっと調子悪いから。夜の試合だったら勝てたかも。まあ、いいんじゃない。ここで終わって。ザックとのチームもいい感じで、いい区切りが付いたという感じだから。これで変に勝って、決勝に行って勝っちゃってみたいに進んでいくよりも、ここでちょうどよかったんじゃないかなって。俺とザックに対してはね。リーグ戦に関しては、あんまりチャンピオンらしい感じではなかったんで、それほど魅力を感じてはいなかったから。ベルトに関しても、あのチームに関しても。初戦であんな負け方をしている時点で、このリーグ戦に拍子抜けというか。最初のディファのチャンピオンチームの結果に尽きるかなって。まあ、俺はベルトに絡むことはないと思うんで(笑)」

―ザックと海外で組むことはあり得る?

<小川>「そうだね。もしかしたら来年ちょっと海外で一緒にやってみようかという話はあるんだよね。それはザックがそういう話を持ってきてくれると思うんで、行く機会はあると思うんで。そこで組むか、試合をするのかは全然わからない」

―これでノアでのチームとしては一区切り?

<小川>「そうですね」

※ザックはノーコメント


コメント ■第5試合 8人タッグマッチ
モハメド ヨネ&熊野 準&スペル・クレイジー
vs
齋藤彰俊&北宮光洋&梅田公太

【試合写真】  
 
 


【ヨネ&クレイジー&熊野組 試合後コメント】  

<熊野>「タッグリーグは悔しい結果になったんで、またクレイジーさんと組んでいきたいと思います」

<クレイジー>「マタオネガイシマス。ガンバリマショウ」

<ヨネ>「鈴木みのるが大阪で『ノアは終わりだ』って言って、うちは最終兵器の杉浦選手が行ったわけですけど、結果は残念な結果になって、ファンの人は『ノアはどうなるんだ』って思ってると思います。でも、俺らは諦めないです。レスラーが諦めたら夢を持ってる人全てを否定することになると思うから。だから俺らは少しでもチャンスがあれば『もう一回もう一回』って。向こうが『やめてくれよ』って言うまでやり続けて、必ず全部のベルトを取り返します。ファンの皆さんも本当に今は苦しいでしょうけど、一緒になって戦って、一緒になって応援してください。よろしくお願いします」


コメント ■6人タッグマッチ
ランス・アーチャー&デイビーボーイ・スミスJr.&シェルトン・X・ベンジャミン
vs
髙山善廣&マイバッハ谷口&クワイエット・ストーム

【試合写真】  
 
 
 


【アーチャー&スミスJr.&ベンジャミン 試合後コメント】  

<ベンジャミン>「これからも鈴木軍がノアを支配してやる。ランス!スミス!シェルトン!鈴木軍はリアルだ。鈴木軍は止まらねえ。永遠に“イチバン"だ!」

<アーチャー>「俺たちは破壊し、そして支配している。リングに上がってきたヤツらをすべてブチのめしてきた。グローバル・リーグ!誰が来ようがカンケーねえ!今度は1対1で痛みとともにぶっ殺していってやる」

<スミスJr.>「誰が来ようが支配は続く。K.E.S.、鈴木軍に文句があるヤツはかかってこい。ただ結末はこれまでと同じだ」


コメント ■第7試合 6人タッグマッチ
鈴木みのる&飯塚高史&タイチ
vs
丸藤正道&杉浦 貴&中嶋勝彦

【試合写真】  
 
 
 
 


【丸藤&杉浦 試合後コメント】

―心強いマイクがあったが、その真意は?

<丸藤>「真意なんてわかるだろ、そんなもん。大阪だけじゃない。今までの結果全てだ。それを踏まえてだ。何度言われようが、俺たちがやることはひとつしかないから。いいよ、今日の勢いでそのまま一気に突っ走るから」

―リーグ戦ではノア解散という衝撃的な言葉も浮かんでいるが?

<丸藤>「俺はそんなつもりねえから。勝つから。もしもの時なんて考えてねえから。俺は勝つしかねえから」

―再び鈴木と激突したが?

<杉浦>「一度負けたけど、諦めたくないし。諦めないよ」

―ノア解散という言葉が踊る中、過酷なリーグ戦が待ち構えているが?

<杉浦>「負けられないでしょ」

※中嶋はノーコメント


【鈴木軍 試合後コメント】  

―ノア勢の背水の陣を感じましたか?

<鈴木>「来いよ!来いよ!かかって来いよ!俺はここで宣言する。どこの会場であろうと、何試合目であろうと、誰が対戦相手だろうと、6人タッグだろうが10人タッグだろうが、俺から勝ったやつにこれ(ベルト)やるよ。俺が言うんだ間違いねぇ。正式なタイトルマッチだ。グローバルリーグ戦も全てだ。ノアを名乗る全員と当たって、最後終わった時、テメェら覚悟しろ。テメェらの手で最後お前たちが持ってるものを、なんだか知ってるか?自爆スイッチだ。お前らの手で押せ。こっちはこれだけ条件出してるんだ。明日から何人タッグだって構いやしねぇ、一番下の小僧だって構いやしねぇ。俺から勝てばお前らが生き残る。俺から誰も勝てなければお前たちの明日はない!まぁそういうことだな。サバイバル。生きるか死ぬか二つに一つだ。狙って来いよ。(ベルトを指差しながら)俺の賞金額はこれだ。(記者たちに)お前でもいいぞ?お前でもいいぞ?かかってこい」

 

<タイチ>「ボスは優しいからもうちょっと付き合ってやるってよ。俺はボスみたいに優しくねぇから終わりだって言ったら終わりだ。お前らの中で最強決めて来いって言って、あいつが代表で来たんだろ?それで終わり。チビが来たけどあいつは準優勝でもしたか?予選落ちじゃねぇかよ。そんなやつになんの権利があるんだよ。もうやるメリットも何もない。俺はやらない。ボスがこの腐った団体出てるから一緒に出てるだけだ。それだけだ。そんなヤワな拳ではこの体に傷一つ付けることはできない。大阪の試合見てノアの女ファンがみんな俺の方がかっこいいって言ってたぞ?俺のことが好きだって言ってたぞ?女の心変わりは恐ろしいのう。フハハハハハハ!」


コメント ■第9回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦 優勝決定戦 TAKAみちのく&エル・デスペラード vs 原田大輔&小峠篤司

【試合写真】  
 
 
 


【試合後リング上】  

<原田>「こういう状況の中でも最後まで僕たちを応援してくれて本当にありがとうございました!」

<小峠>「なんだろう、わかんねえけど、とりあえず原田と組んで優勝できたというのは最高でした。ありがとうございました!」

<原田>「照れくさいですね。個人的には嬉しいことのひとつですけど、今のリングの現状に満足はできないです。僕たちでもう一度あいつらを倒して、次はベルトを獲りたいです」

<小峠>「いっぱい俺もそうですけど、原田もそうですけど、ファンの方に残念な思いをさせて申し訳なかったので、タッグのベルトを俺と原田で一番に取り戻します」

<原田>「皆さん、最後まで本当にありがとうございました。次は絶対にベルトを取り返します。はっきり言って説得力はないかもしれません」

※客席から「もう負けるな!」

<原田>「絶対に負けないです。もう負けたくないです。このプロレスリング・ノアを絶対に終わらせたくないんです。守りたいんです。だからもう一度、あいつらに挑戦して勝ってみせます。よろしくお願いします」

<小峠>「こんなに…こんなに…いっぱいいっぱいファンの皆様を失望させてしまったのに、なんでこんなにいっぱい苦しい思いをしてくれるんですか?本当にありがとうございます。俺は最後まで突っ走ります。諦めません。最後にノアファンの笑った顔が見たいんです。絶対に最高の笑顔、最高のハッピーエンドを取り戻したいと思います。一緒に付いてきてください!」
 


【原田&小峠組 試合後コメント】  

―優勝おめでとうございます

<小峠>「ありがとうございました。ありがとうしか出ませんね。まあ、余裕ないですけど。とりあえずお互いに後先ない状況だったんで。もう優勝しかなかったんで、本当に結果が出て安心しています」

―リング上でのベルト挑戦表明にはファンから力強い後押しがあったが?

<原田>「それは素直に嬉しいです。これだけ僕らはファンの期待を裏切ってしまったんで。最後にもう一度チャンスが来たなと感じました」

―原田選手個人としては3日前に敗れたばかりだったが、気持ちを切り換えて臨めた?

<原田>「今日の朝まで引きずっていた部分があったんですけど、ここまで来たらやるしかなかったんで。そういう気持ちでやってて、最後に勝てて、優勝できてよかったです」

―桃の青春タッグで優勝し、ベルト挑戦への道ができたのは大きい?

<小峠>「そうですね。でも、鈴木軍からベルトを取り返すまでが俺らの役割だと思っていますんで。やりますよ。恥をかかせて、お客さんを失望させた分の借りは返します」

―ノアにとってもう後がない状況での優勝は価値があると思うが?

<原田>「そうですね。今はピンチですから。とりあえず早急にタイトルマッチをやりたいというのはありますね。この勢いのまま、ぜひ取りたいです」

―ベルト挑戦に向けて一言

<原田>「今はベルトというよりも、お客さんに対して『ありがとうございました』を言いたいです。それだけです」

<小峠>「今、鈴木軍という壁に俺と原田が大きな穴を開けますんで。小さな穴があいたら、後はガバッと行きますんで。ノアの選手みんなで取り返しますんで…ノアファンの皆さんと取り返しますんで。やってやりますよ、もっと。大丈夫です」




その他の試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトへアクセス!


第9回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦 Bブロック30分1本勝負

[2勝2敗=4点](超危暴軍)

大原はじめ 
大原はじめ  vs 梶トマト<br>(KAIENTAI-DOJO)

[2勝2敗=4点]

梶トマト
(KAIENTAI-DOJO)

[2勝2敗=4点](超危暴軍)

拳 王
拳 王 旭 志織<br>(KAIENTAI-DOJO)

[2勝2敗=4点]

旭 志織
(KAIENTAI-DOJO)

8分32秒

レッドアイ

第9回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦 Bブロック30分1本勝負

[3勝1敗=6点](NO MERCY)

原田大輔
原田大輔 vs ビリーケン・キッド<br>(プロレスリングアンサー)

[2勝2敗=4点]

ビリーケン・キッド
(プロレスリングアンサー)

[3勝1敗=6点](BRAVE)

小峠篤司
小峠篤司 バッファロー<br>(鳥取だらずプロレス)

[2勝2敗=4点]

バッファロー
(鳥取だらずプロレス)

8分20秒

片山ジャーマンスープレックスホールド


※小峠&原田組が優勝決定戦進出

第9回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦 Aブロック30分1本勝負

[1勝3敗=4点]

キャプテン・ノア
キャプテン・ノア vs 政宗<br>(道頓堀プロレス)

[2勝2敗=4点]

政宗
(道頓堀プロレス)

[1勝3敗=4点](NO MERCY)

平柳玄藩
平柳玄藩 石森太二

[2勝2敗=4点](BRAVE)

石森太二

8分30秒

450゜スプラッシュ → 片エビ固め

第9回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦 Aブロック30分1本勝負

[3勝1敗=6点](鈴木軍)

TAKAみちのく
TAKAみちのく vs ザック・セイバーJr.

[3勝1敗=6点]

ザック・セイバーJr.

[3勝1敗=6点](鈴木軍)

エル・デスペラード
エル・デスペラード 小川良成

[3勝1敗=6点]

小川良成

5分54秒

変型回転エビ固め


デスペラード&TAKA組が優勝決定戦進出

8人タッグマッチ30分1本勝負

熊野 準
熊野 準 vs 梅田公太<br>(DDT)

梅田公太
(DDT)

(Crazy Dynasty)

スペル・クレイジー
スペル・クレイジー 北宮光洋

(超危暴軍)

北宮光洋

(BRAVE)

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ 齋藤彰俊

(NO MERCY)

齋藤彰俊

8分56秒

キン肉バスター → 片エビ固め

6人タッグマッチ30分1本勝負

(鈴木軍)

シェルトン・X・ベンジャミン
シェルトン・X・ベンジャミン vs クワイエット・ストーム

クワイエット・ストーム

(鈴木軍)

デイビーボーイ・スミスJr.
デイビーボーイ・スミスJr. 高山善廣<br> (高山堂)

(NO MERCY)

高山善廣
(高山堂)

(鈴木軍)

ランス・アーチャー
ランス・アーチャー マイバッハ谷口

(超危暴軍)

マイバッハ谷口

9分02秒

キラーボム → 片エビ固め

「鈴木軍 vs NOAH」6人タッグマッチ45分1本勝負

(鈴木軍)

タイチ
タイチ vs 中嶋勝彦<br>(フリー)

(BRAVE)

中嶋勝彦
(フリー)

(鈴木軍)

飯塚高史
飯塚高史 杉浦 貴

(NO MERCY)

杉浦 貴

(鈴木軍)

鈴木みのる
鈴木みのる 丸藤正道

(BRAVE)

丸藤正道

14分12秒

虎王 → 片エビ固め

第9回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦優勝決定戦 時間無制限1本勝負

[Aブロック1位](鈴木軍)

TAKAみちのく
TAKAみちのく vs 原田大輔

[Bブロック1位](NO MERCY)

原田大輔

[Aブロック1位](鈴木軍)

エル・デスペラード
エル・デスペラード 小峠篤司

[Bブロック1位](BRAVE)

小峠篤司

21分48秒

キルスイッチ → エビ固め


※小峠&原田組が「第9回日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦」優勝