ツアー

2018.10.24

【10.30後楽園にてGL2018開幕!】「グローバル・リーグでは更にもう一歩進んだ革命を会場のお客さんに見せたい」小峠篤司 ミニインタビュー

 
小峠選手ミニインタビュー_001

いよいよ10月30日、後楽園ホールにて開幕する開幕する『GLOBAL LEAGUE 2018』。革命マントヒーロー・小峠篤司選手にインタビュー!

 
小峠選手ミニインタビュー_001

ーー開幕まで1週間を切りました。10月30日の後楽園ホール大会より「GLOBAL LEAGUE 2018」が始まります

▼小峠 そうですね。エントリーされて良かったです(笑)


ーー2年連続のエントリーですが自身ではエントリーされないかも?と言う不安があったんですか?

▼小峠 不安はありますよ。自分で言うのもなんだけど、ブッ飛んだスタイルだと思うし(笑)。でもこれが革命スタイルなので、選ばれなかったらそれはそれで仕方がない。でも悔しい。だからエントリーされて良かった。


ーー革命は現在も進行中なので、ここでグローバル・リーグにエントリーされなかったら、革命がストップしてしまう、というのは小峠選手自身も見ているお客さんも納得はいかないと思います

▼小峠 対戦する選手にしてみれば、グローバル・リーグの公式戦と言う事もあって、シリアスモードで自分に挑む選手もいると思うんですよね。でも、ここは自分自身でもブレずにしっかりと貫き通したい。ノアの中に無い、お客さんが楽しんでもらえる明るいスタイルを貫きたいと思います。


ーー昨年は4勝3敗の8点。ブロックで4位の成績でした。

▼小峠 勝ち越してるけど、4位か…微妙な成績やな(笑)


ーー初出場で緊張していたかと思いますが、この成績は納得いかない?

▼小峠 ……パッとしないね(笑)。順位だけで考えずに初出場で勝ち越しが出来たのは自分にもっと自信を持っても良いのかな?とは思うんやけど。


ーー激戦区の中での勝ち越しは決して悪くはないかと思います。現在のGHCタッグ王者の齋藤彰俊選手にも勝ってますが?

▼小峠 そうですね。そう言われると…我ながら良くやったと思ってきました(笑)


ーーもちろん今年は昨年以上に勝ちを狙っている思います

▼小峠 もちろんそれは狙っていくけど、まずはさっきも言った通り自分の今のスタイルがブレない、というのが大前提で、この半年間やってきた新しいスタイルを前提に結果を残さないと意味がない。勝ちばかりにこだわって、今のスタイルを崩しての勝利は自分の中では革命が失敗したというのと同じやから。。

ーー小峠革命を掲げて半年が経とうとしてます。

▼小峠 まだ半年。日々模索しながらの半年やね(笑)


ーー約1か月に渡るリーグ戦はコンディション管理も重要になってくると思います

▼小峠 先ずはしっかりと気合を入れて臨む。自分の公式戦が組まれている試合には絶好調に持っていく。でも最近は調子とかに影響されずに挑めるようになったんですよ。マントを着けたらテンションが上げられるという恐ろしいスイッチを手に入れたから(笑)。だから全然大丈夫!マントは無限の力を持っていますから、いつでもONにしてくれる!


ーーマントを着けるといつでもハイテンションで臨める?

▼小峠 そうですよ。どんな状況でもテンションが上がる。だから皆さんマントを着けた方が良いですよ(笑)。世の中のサラリーマンの方々もいろいろあると思うんですよね。“昨日、飲みすぎたから”、“上司に怒られたから”、会社行くの憂鬱やなと思ったらマントですよ!出勤する時にマント着けて出勤して下さい。めちゃめちゃテンション上がって“やるしかない!”って気持ちになりますよ!


ーー周りの人達からすると……

▼小峠 “なんだコイツは?”と言われたら、自分の勝ちですよ!目立ったり、他人の目に気になる存在になってこその革命。何よりも自分自身のスイッチが入るし、マントを着けた自分を他人が見たら“なんだコイツは?何者だ?”と思われるじゃないですか。それって自分のハードルを上げられているから、“もうやるしかない!”って開き直れるし。だから俺自身、マント着けてテンション上げてやったりますよ!


ーー同じBブロックにエントリーしている中で気になる選手は?

▼小峠 気になる選手というのなら…自分のスタイル的にも気になる選手として、モハメド ヨネ選手。


ーーヨネ選手とは11月8日、後楽園ホールで当たります

▼小峠 同じヘビー級の中でもちょっと近いスタイルやと思うんです。ヨネ選手が入場してくるとパッと明るくなるし、そういう所で競い合っていかなアカンと思うんですよね。


ーー試合で戦っている時は、どちらが会場の空気を握る主導権争いをしているのか?と思います

▼小峠 今は世代闘争で敵対する関係やけど、モハメド ヨネとマッチアップするのは自分もスイッチ入るし、お客さんもパッと明るくなるし、だからこそ負けられないから、自分自身を貫きたいと思います。後楽園ホールを盛り上げるのに相手にとって不足無しですよ。


ーーBブロックは曲者揃いかと思いますが、他に気になる選手は?

▼小峠 そうですね。でも自分自身が相当な曲者なんで(笑)。自分と対戦する選手は“面倒くさい”と思っているんじゃないですかね(笑)。でも、今のこのスタイルを貫く中でも、チャンピオンの杉浦貴は意識しますよね。


ーー杉浦貴選手とは11月23日の公式戦最終日となる横浜ラジアントホール大会で当たります

▼小峠 こういうスタイルになっても、杉浦貴を目の前にするとパッカーンと行っちゃうんでしょうね。


ーー4.29新潟でのGHC戦はかなり激しい試合となりました

▼小峠 杉浦貴と試合すると、ノアの中で唯一と言っていいくらい、100%確率で血が見れる、ドロッドロの試合になりますね(笑)


ーーお客さんを楽しませたいと言うスタイルになっても、根底には激しいハードヒットな一面もあると思います。杉浦選手と試合をすると、会場を盛り上げたい!と言う気持ち以上に負けられない!勝ちたい!と言う気持ちになる?

▼小峠 火を付けられるんですよね。杉浦貴ってピリッとした雰囲気で相手を叩き潰す様なイメージが強いと思うんやけど、自分が思うに杉浦貴の根底には受けるスタイルが凄くあって、引き込まれるんですよね。だから誘ってくるのが分かるんですよ。俺の頭突き欲しがってるなって(笑)。挑発が上手いんですよ、杉浦貴は。


ーー今のスタイルを貫き通しながらBブロック1位通過を狙い、Aブロックの誰と優勝決定戦で戦いたい?

▼小峠 誰かって言われたら、丸藤正道って選手は意識しますよね。丸藤正道って万能な選手でなんでも器用にこなすんですよね。だから丸藤正道をいろんな意味で上回った時に革命が起きるんじゃないかなって思いますね。


ーー小峠選手と丸藤選手の優勝決定戦というのはいろんな意味で物凄い空間が作れるんじゃないかなって思います

▼小峠 そうですね。だからこそ、引かずに何を言われても貫きたいと思います。


ーーそれでは最後にファンの皆様にメッセージをお願い致します

▼小峠 今までもずっと革命してきたけど、グローバル・リーグでは更にもう一歩進んだ革命を会場のお客さんに見せたいと思います。だからこそ、会場の皆さんは革命を目撃する者として一緒に革命しようぜ!革命しようぜ!革命しようじゃないか、諸君!!


『GLOBAL LEAGUE 2018』公式戦の日程はこちら


~各大会へのご来場お待ちしております~