ツアー

2018.10.22

【10.30後楽園にてGL2018開幕!】「一戦一戦、勝ちにこだわって自分を出しながら優勝を目指す」モハメド ヨネ ミニインタビュー

 
ヨネ選手ミニインタビュー_001

いよいよ10月30日、後楽園ホールにて開幕する開幕する『GLOBAL LEAGUE 2018』。唯一第1回大会から出場するモハメド ヨネ選手にインタビュー!

 
ヨネ選手ミニインタビュー_001

ーーグローバル・リーグ戦は今年で9回目の開催となるのですが、ヨネ選手だけが唯一皆勤の全大会出場です

▼ヨネ 丈夫な身体に生んでくれた親に感謝ですね。やっぱりね、怪我しないで出場し続けるというのも大事だと思うんですよ、勿論、優勝を狙っていい成績をというのも大事ですけど、やっぱり全大会出場が唯一自分だけというとそれだけでも名誉だと思いますね。


ーー同じBブロックの選手の中で警戒する選手は?

▼ヨネ そうですね、皆んな強いしそれぞれ個性もあるしね、その中で勿論勝つのもそうですけど、いかに光って自分を出せるかっていうのが、一番かなと。自分もかなりトシをとってきましたしね。若さには敵わないですけどそれ以上のモノもありますし、老獪な見せ方でリーグ戦かき回してたいなと思いますね。


ーーまず公式戦初戦は、11.8後楽園で小峠篤司選手と対戦です

▼ヨネ 小峠は今、変化の年だと思いますし、いろんな事をやって挑戦して。30代って俺も本当悩みましたし、しんどい思いをいっぱいしました。そういう時期だと思うんで、俺と戦ったことによって何か感じるものがあればいいし。彼は今、マントをひるがえしてますから。それでね向こうは勝ちにきたいし、俺はフィーバー、フィーバーやってますから。決して面白いだけでない、根底にある、プロレスって戦いなんだってところを最後に見せられると思うんで、初戦の相手としては十分だなと思いますし満足してます。


ーー同じベテラン軍の中では杉浦貴選手が同じブロックですが?

▼ヨネ 杉さんは本当にあのベルトが似合うチャンピオンというか、年齢を感じさせないですし、“ザ・プロフェッショナル”だと思いますから、そういう選手が同じブロックにいるってことは光栄ですけど、そこはやっぱりいい試合をというのではなく、杉浦貴に勝ってフィーバーポーズを決めたいと思います。


ーーこのブロックの中ではDDTの樋口和貞選手が唯一対戦したことがない選手だと思いますが?

▼ヨネ そうですね、対戦したことがないですね。他団体のシングルのリーグ戦に乗り込んで来るというのは本当に力もいることだと思いますし、そういう若い選手とどういう試合が出来るかなと楽しみです。


ーーAブロックから優勝戦に出るのは誰だと思いますか?

▼ヨネ それはやっぱり望むのはクワイエット・ストーム。やっぱりタッグパートナーですから「決勝のリングで会おうぜ」とタッグ組みながら言っていくと思うんで、それを目標に一戦一戦、勝ちにこだわって自分を出しながら優勝を目指したいと思います。


ーー最後にGL戦への意気込みをお願いいたします

▼ヨネ さっきも言いましたけど勝ちにこだわるって言葉が出ないとつまらないと思うんで。“あ、モハメド ヨネ、何か楽しい試合やってんな”じゃなくて、“あ、何だアイツ強えじゃん、怖いじゃん”と。プロレスラーとして戦ってる男としてそういうところが最後まで出ればと思ってますので、皆さん最後まで応援宜しくお願いします!


『GLOBAL LEAGUE 2018』公式戦の日程はこちら


〜各大会へのご来場お待ちしております〜