ツアー

2018.09.04

【10.4後楽園で中嶋勝彦とGHCヘビーV6戦】杉浦貴会見の模様

 
杉浦選手会見_001


9.2後楽園大会で30分を超える激闘の末、マサ北宮を破りGHCヘビー級王座V5に成功した杉浦貴が会見を行った。試合後に挑戦表明した北宮のパートナー、中嶋勝彦の挑戦を10.4後楽園大会受ける。また、10.5森嶋猛復帰戦についてもコメントした。会見の模様は以下の通り。


【会見の模様】

 
杉浦選手会見_002


▼内田会長 両国国技館大会で日本テレビさんの解説に入っていた森嶋選手の件について、私のほうから申し上げます。実は森嶋選手の復帰という話が出て、しばらく経ったころ、復帰戦を行う『GENESIS』の実行委員会から杉浦選手に対戦のオファーがございました。その時点で杉浦選手も承諾はしていたのですが、私の方でしばらく確認、検討作業や両国大会等の準備がございまして、先方への連絡が遅れたこともあり、9月1日の両国国技館で森嶋選手が『返事はまだか』といった感じで強硬手段を取られたのだと思います。私のほうも、早い回答をしなかった意味では責任を感じておる次第でございます。ただ、復帰戦が行われる10月15日ですが、後にノアの大阪・世界館大会が入ってしまいまして、本来であればGHCチャンピオンが出ないのはよろしくないのですが、追加日程の発表前に杉浦選手がすでに承諾していたこともあり、世界館大会を楽しみにしてくださっているファンの皆様には大変申し訳ないのですが、本人と会社の意向として、森嶋選手の復帰戦の相手として、杉浦選手が(GENESISに)参戦する形となります。世界観大会を欠場することに、何とぞご容赦とご理解をいただければと思います。

▼杉浦 このオファーがきたのは8月。いろんないきさつがあって悩んだ部分もありましたが、その時点では10月15日にノアの大会が開催される予定は無かったので、だったらノアにいた人間だし、復帰したいというなら協力したいと思って受けました。ただ、その後、会長のほうでいろんな事情があって返事をしていなかった…ということで、森嶋猛が暴走してワケの分からないことを言ってるんだと思うんだけど…まぁ俺は、前から『やる』とは伝えてました。


ーー森嶋に対する今の率直な感情は?

▼杉浦 うん…オファーを受けた時点でいろんな思いはあったけど、ノアでやってた人間だし、向こうが俺の名前を出したなら、それに応えよう…って気持ちが芽生えたんでね。


ーー両国では不快感をあらわにしていたが?

▼杉浦 だって、ワケ分かんないでしょ? あんな変なマイクして。丸藤さんの20周年っていう大会だし、俺のテーマには秋山準との久々の戦い…ってものがあるなかで、自分のアピールなんだか知らないけど、ワケの分かんないこと言って。その時はイラっとするでしょ。


ーータイミング的にも自身の試合の直前だったが?

▼杉浦 もともとタイミング悪いし、そういう人間だから仕方ないね。まだ子供なんだよ。


ーーいろんな思いはあると思うが、すべては試合でぶつける?

▼杉浦 そうだね。関わるのは最後!……のつもりで。まぁよく俺を選んだな…っていうのはあるね。大丈夫なのか?って。昨日デビューした稲村あたりでいいんじゃないの? 今の森嶋だったら。こっちが心配になるね。俺とやって持つのか?って


ーー結果としてノアを欠場することになるが…

▼杉浦 それは本当に申し訳ない。ただ、本当にオファーを受けた段階では、世界館の大会は決まってなくて。大会が無ければやってもいい、っていう風には伝えたんだけどね。


ーーいい試合をする気はない? 不甲斐なければすぐに終わらせる?

▼杉浦 どうなんだろね。何年休んでんの? 3年くらい? そんだけブランクがあって、どれだけのトレーニングを積んで、どれだけの思いで、リングで俺の前に立つつもりなのか。分からないからね。今のあんな感じだと、ちょっと心配だよね。あんなブヨブヨした身体でね。ホント、俺の前でヘタなことしてきたら終わらすかもしれないね。しょぼかったら、すぐ終わらせる。お客さんに見せられるレベルじゃないんだったら、さっさと終わらせないと、来てくれたお客さんにも失礼でしょう。


ーー引退時はいろいろと物議を醸したが?

▼杉浦 理解できないことや裏切られた部分もあったけど…まぁ、しょうがないね。


 
杉浦選手会見_003


ーー北宮を退けてのV5から一夜明けて?

▼杉浦 3連戦の最終日。かなりタフな試合になって、体力的にも厳しい試合になりましたけど、無事に防衛することができました。若いだけあってパワーも勢いもあって、かなり追い込まれましたし、最後のフロントネックロックはあれしか無かった…っていう感じです。


ーー10・4後楽園大会で中嶋相手の防衛戦が決まったが?

▼杉浦 なんか偉そうにニヤニヤしながらリング上がってきた。パートナーである北宮が目の前で負けたんで出てきたんだろうけど、俺的にも『ようやく出てきたか』って部分はある。潰しがいのある相手ですね。


ーー互いに変化があって、これまでの杉浦vs中嶋戦とはまったく違ったシュチュエーションとなるが?

▼杉浦 なんか“立場"が逆転してるっていうかね。アイツのほうがちょっとヒールっぽい感じで。鈴木軍時代とはまったく立場も逆転して。もともと性格悪いヤツだからね。その性格の悪さが顔に出てるからね。いいんじゃないの? ヒールで。


ーーどんな試合になりそう?

▼杉浦 どうだろうね。アイツ最近スカしたりするからね。丸藤選手のチョップ避けたり。俺はいつも通り正面から行くけど、アイツは変化球投げてくると思うから。分かんないね。


ーー『俺は止まらねえって最近言わないな』と言っていたが、『俺を止めてみろ』という感じ?

▼杉浦 そうですね。…質問じゃなくて答え言っちゃってるじゃん(笑) そうですね…としか言えねえよ(笑)


ーーそれぞれ大きな意味のあった3連戦で70分以上を戦ったが、肉体的ダメージは?

▼杉浦 時間はあんまり関係ない。ダラダラやっても70分経つことはあるだろうし。井上雅央みたいな試合だったら1時間でも2時間でもできるし。でも3試合、まったく違ったテーマがあったんでね。いろいろ考えて。肉体的なことよりも精神的に疲れたね。


ーー昨年のGHC王者時代の中嶋をどう見ていた?

▼杉浦 団体を背負って頑張っていこう…っていう優等生な感じはしましたけどね。まぁでも今のああいう感じをみると、無理してたのかな…って。今のほうがしっくりきてるんじゃないの? もともと性格悪いヤツだから。


ーーある意味、これまでで一番手ごわい相手になりそう?

▼杉浦 まぁそうだね。戦い方も変えてきてるし、何してくるか分からない部分もあるし。最近では平気でイスを使ってきたりするし。やっぱりプロのレスリングだからね。イスなんて使っちゃダメなんだよね。……笑うとこだよ。


ーー両国を経て対全日本に対する思いは?

▼杉浦 全日本という団体に対しては何も感情は湧いてこなかったけど、秋山準という存在に対しては特別な感情が湧いたね。後輩の青木も上手に育ってるな…って感じはしたけど。


ーータイミングがあれば、またやりたい?

▼杉浦 タイミングが合えばなのか、こっちから仕掛けてやるのか分からないけど…戦いたいって気持ちはある。30分ドローだったし、決着つけたい気持ちはあります。


ーー両国大会後にはヒデオ・イタミと食事をしたそうだが?

▼杉浦 プロレスの話はしてないね。ただ、ボケたり突っ込んだりの、冗談の掛け合いが向こうじゃできないから、『いやぁやっぱり、コレだわ』って嬉しそうに言ってたよ。


10.4後楽園大会情報はこちら


~皆様のご来場お待ちしております~