ツアー注目情報

2018.03.12

横浜大会 拳王陥落…杉浦1年半ぶり4度目GHC戴冠、小峠表明もブーイング 3.11神奈川・横浜文化体育館大会試合後コメント

3.11横浜大会コメント_001

拳王陥落…杉浦1年半ぶり4度目GHC戴冠、小峠表明もブーイング▼GTL直前で王者交代 中嶋&北宮が悲願のGHCタッグ奪取▼同門対決で激闘 原田V4▼小川&稔がJrタッグ奪取 XXは電撃解散、石森は意味深予告▼GTLへ潮崎と清宮が熱闘“最終確認"…横浜文体大会詳報

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください



横浜大会 拳王陥落…杉浦1年半ぶり4度目GHC戴冠、小峠表明もブーイング 3.11神奈川・横浜文化体育館大会試合後コメント

◆第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
井上雅央&中津良太 vs コーディ・ホール&KAZMA SAKAMOTO

3.11横浜大会コメント_002

【試合後のコーディ&KAZMA】
▼KAZMA 久しぶりのノア! いいねえ、楽しいねえ。自由にできるよ。自由って素晴らしいね。次のタッグリーグ。あんまり組んでないからさ。他のヤツらは組んでるじゃん。それちょっとズルいよね。ハンデあるよね。でも! まぁやるしかないから。ガッチリ…ガッチリ! いかせていただきます。


▼コーディ 彼と同じく“イイ感じ"だったね。そう見えただろ? 俺たちが何をしていくか。それはすぐに分かる。次のストーリーはタッグリーグだ。俺はいかしたパートナーを得た。とっておきのプランがあるから楽しみにしとけよ、ノア。それまでちょっと待ってな


【試合後の中津】
――ノア初参戦となったが、上がってみた感想は?

▼中津 チャンスだと思ったんですけどね。無理でした。ちょっと今日は不甲斐ないっす。諸橋さんの代わりにと思ったんですけど、ダメでしたね…


――戦ったコーディ&KAZMA組の印象は?

▼中津 デカい! デカいのと、ズルい! 上手かったです。負けてられないです。


――今回はチャンスをものにできなかったが、今後、参戦の機会があったら?

▼中津 全然出たいですね。またいっぱい呼んでほしいです。今日はちょっと爪痕を残し切れてないので、もっと出たいです!


◆第4試合 スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
イバッハ谷口&長井満也 vs KENSO&ジェイ・ブラッドリー

3.11横浜大会コメント_003

【試合後のマイバッハ&長井】
▼長井 おいKENSO! このノアのマットにな、ヒールは二人いらねえんだよ! 俺で十分なんだよ。テメーの出てくる幕はねえんだよ。それからな、この俺様とマイバッハ谷口。次のタッグリーグ戦で優勝して、もう一度GHCタッグベルトに挑戦させてもらうぜ。もう一回頂点目指すんだよ! ふざけんな! おう、谷口言ってやれ!

▼マイバッハ 「ウガアアアアアアアアアア!」


【試合後のKENSO】
▼KENSO もう1回やりたい。(ブラッドリーに)ワン・モア・タイム。また俺の入場曲が違う。若干違う。TOKYO DRIFT HARD TIMEになってない。これはノアさんのミスですね。俺の入場曲がちょっと違う。ワン・モア・タイム。


――初参戦となったノアの印象は?

▼KENSO KENSOを呼んでるね。ノアのファンがKENSOを呼んでる。その辺はビッチビチ感じるね。KENSOを呼んでる。ちょっとマイバッハが固いね。


――これからもオファーがあれば?

▼KENSO マイバッハは頭が固いね。そして試合も固い。固いね。以上。


◆第5試合 スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
丸藤正道&小峠篤司 vs 齋藤彰俊&越中詩郎

3.11横浜大会コメント_004

【試合後の丸藤&小峠】
※先に小峠だけが戻ってくると

▼小峠 こんな、勝ったのに全部持って行かれたみたいな…。まあ、いいけど。俺らしくて。でも、人生で初めて越中詩郎という選手と対戦できて。自分がホントに憧れていた選手だから。あの人こそ今の自分のスタイル…やられてもやられても跳ね返すスタイルの、俺的には元祖的なものやと思ってるから。どんな状況でも、俺はテンションを上げて、元気出して、こうやってプロレスリング・ノアを盛り上げていきたい。そう思います。今日はいい刺激になりました。ありがとうございました。では、主役を…

※丸藤を呼び込んで、小峠は先に去っていく


――20周年記念大会が発表となったが?

▼丸藤 やっぱり俺も20年いろいろありながら、いろいろ言われながら、いろんなところに出ながら、いろいろやってきたけども、20周年で俺の20年というのを全て見せたいと思うし。本当にもしかしたら夢みたいなことかもしれない、そんな人たちにもオファーをかけたいとも思うし。それが叶うか叶わないかは別にして、やっぱそこは丸藤正道の20年というものを表現できる、そういう面子を本当に集めたいと思っているんで。まだ半年あるから。今日来てくれたお客さんはたぶん全員来てくれると思うし、今日来てくれているお客さんが2人、3人、4人、5人で来てくれたら、本当に最高の空間になると思うんで。俺はそれも楽しみにしているし、それにしっかり応えられるような大会をしたいと思います。


――その前に全日本プロレスのチャンピオン・カーニバルもあるが、それに向けては?

▼丸藤 チャンピオン・カーニバルはチャンピオン・カーニバルで、しっかり俺は結果を残して。俺はそれがゴールだと思ってないから。やっぱりノアの人間だし、何なら俺の20周年興行にも繋げていけるような、そういうものを作り出して、帰ってきたいと思います。


◆第6試合 シングルマッチ 30分1本勝負
潮﨑豪 vs 清宮海斗

3.11横浜大会コメント_005

【試合後の潮崎】
――タッグリーグ戦で組む清宮との一騎打ちだったが?

▼潮崎 (清宮は)海外から帰ってきて、タイトルマッチもやったけど、どうもその後“らしさ"というか、清宮海斗の強さというものが出てなかったと思う。だからこそ今日のシングルを戦いたかった。そして、あいつの沸き上がるようなパワーを感じました。もっともっとアイツを前面に出して、もっともっと己を出して戦っていけば、絶対に今以上に強くなる。そのきっかけを今日の対戦でつかめれば…と思いましたけど、あとは本人次第。ヤツも満足する男じゃないからね。まだまだ強さ、若々しさを出して次のタッグリーグ戦、博多から突っ走ります。


【試合後の清宮】
▼清宮  (コメントブースで座り込むと)立てない…立てない…。(それでも自力で何とか立ち上がり)あともう少し。あと少し。必ず超える。あと少しだから。


――想像以上の自分を見つけられた?

▼清宮 今日の全力出しました。今日の全力は出しましたけど、なかなか倒れない。


◆第7試合 GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第32代選手権者】石森太二&Hi69 &【挑戦者】小川良成&田中稔

3.11横浜大会コメント_006

【試合後の小川&稔】
――王座奪取となったが?

▼小川 まぁね、タイトルマッチの前日にブサイクな女集めて飲み会やってるようなヤツらに負けないよ(笑)

▼稔 キャリア20年以上ありますけど、前哨戦含めて小川さんと組んで学ばせてもらうことだらけだったので。これからも一緒に組ませていただくためにも獲りたかった…っていうのもありますし、ノアジュニアに対して一こと言いたいのは、同じプロレス界の同じ世代の人間同士で、そこそこいい試合はしてますよ? でも“平和ボケ期"に入ってると思うんで。何の違和感もなく平和。平和というか平和ボケ期。平和というのは現状維持でしかないんで。そこから上に行くことはない。キャリア、実績、プロレス・スキル…すべてで腕が違う二人だと思うんで。このベルトを僕らが獲ることで、その平和の中に何かしら強烈な違和感をブチ込みたいなと思います。


【試合後の石森&Hi69】
▼石森  (Hi69に)ごめん。結果は残念でしたけど、でも1ヵ月以上、この小川&田中戦に思いを込めていて。何とかいけると思ったんだけどね。やっぱり『あの程度なら』って言ってましたけど、今日は俺が口だけでした。本当に素晴らしい相手と、今日、3・11…特別な日にタイトルマッチできたのは本当によかったです。で、これはちょっと自分のワガママなんですけど、XXも今日で一区切りつきました。悪いな。

▼Hi69 ううん、全然。

▼石森 (目を潤ませながら)自分なりに何年か考えていることがあったので、それを明日の会見でお話ししたいと思います。今日はありがとうございました。


◆第8試合 GHCジュニア・ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
【第36代選手権者】原田大輔 vs 【挑戦者】HAYATA

3.11横浜大会コメント_007

【試合後の原田】
――かなり厳しい防衛戦となったが、改めてHAYATA選手の印象はどうだった?

▼原田 いや、強い。やっぱりHAYATAは強い。今日の一戦、いろんな感情が自分の中であったんですけど、こうやって勝てて良かったです。


――片山ジャーマンも一発目は返された

▼原田 あれはホンマにビックリしました。自分の中で秘策を含めて、必勝パターンに持っていったんですけど、返されるとは思わなかったです。


――この防衛戦で、改めてRATEL'Sの結束の強さを感じた?

▼原田 そうですね。タダスケもYO-HEYもセコンドに付いてくれて、『2人とも頑張れ』って気持ちでたぶん応援してたと思いますけど。やっぱ俺たち4人が揃えば心も強くなりますね。


――今後の防衛戦については?

▼原田 まあ、今のところ誰も来てないですけど、このベルトを欲しいヤツ、俺を倒したいヤツはいつでも来い。俺はいつでも待ってる。そんだけや!


◆第9試合 GHCタッグ選手権試合 60分1本勝負
【第41代選手権者】モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム vs【挑戦者】中嶋勝彦&マサ北宮

3.11横浜大会コメント_008

【試合後の中嶋&北宮】
▼北宮 見たか! 見ての通りだ! 何度潰されようが、何度弾かれようが、何度地に落ちようが、この執念と不屈の心がけでGHCタッグのベルトを手にすることができるんだ。ヤツらとは…他の連中とは年季が違うんだよ。

▼中嶋 やっと今日からジ・アグレッションとして再始動だね。

▼北宮 ベルトを獲ってゴールじゃないんだよ。まだまだ五合目にも行ってないよ。そんなものは。来週からグローバル・タッグリーグも始まるだろ? チャンピオンとして優勝だよ。誰にも文句は言わせねえ。俺たちがプロレスリング・ノアのGHCタッグチャンピオン! ジ・アグレッションだ! よく覚えとけコノヤロー!

▼中嶋 そうだ俺たちは止まらねえんだ。良く覚えとけ!

▼北宮 以上だ!!!


【ヨネの話】
悔しいです。メチャメチャ悔しい。本当に悔しい。でも、強かったね。本当に強かった。タッグリーグやりますよ。タッグリーグをまた取って、もう1回チャンスをください!


◆第10試合 GHCヘビー級選手権試合
【第30代選手権者】拳王 vs【挑戦者】杉浦貴

3.11横浜大会コメント_009

【試合後の杉浦】
――試合を振り返って?

▼杉浦 途中もう記憶がないぐらいにいいのをもらったね。蹴りも何発もいいのをもらったし。そのぶん、俺もエルボーをぶち込んだけどね。まあ改めて、組んでていいなと思ったけど、やっぱし戦ってもいい。拳王はいい選手だよ。戦えてよかったと思う。ありがとう、拳王。


――さっそく新たな挑戦者も現れたが?

▼杉浦 まだ結果というか、支持率が少ないから、ああやっていきなり来たと思うんだけど、これからそれはあいつが積み上げて、作っていって。挑戦者としてこのベルトに挑戦できるまでの位っていうの? 期待感を持っていけばいいんじゃない? 今日の感じだと、ちょっと足りないよね。お客さんの。それをあいつが今後どう持っていくのか。そのために俺はチャンピオンだから。待ってるから。


――リング上で「あれから7年」と言っていたが、その気持ちを改めて話すと?

▼杉浦 本当に今日、3・11というのもあるし、いろんなことが俺の中でもあったけど、こうして7年間、今日もこの日、プロレスできるっていうのは…。ホントにできるのが当たり前のことを感謝しないといけないなと思った。それだけ。


――拳王選手が新時代を作ると言ってきたが、それを打ち砕く役目を担ったが?

▼杉浦 だから、俺がこれから新時代を作るよ…笑うとこだよ(笑)


――GHCヘビー級王座の戴冠回数が4度目となったが?

▼杉浦 それは全然わからなかったけど、タイトルマッチが近くなってから言われて。単独? いいね。いいよ。


――まさに新しい記録を作ったが?

▼杉浦 そうだね。防衛記録といい、4回目っていうのはね。結果はあとからついてくるもんだけど、改めてそうやって言われると嬉しいよ。


――拳王選手の厳しい蹴りがあったが、なぜそれに耐えられた?

▼杉浦 負けたくない気持ちでしょ。それだけ。やっぱり18年目だけど、チャンピオン目指してやってるんで。頂点目指してずっとやってるんで。1年目から18年目まで、ずっとチャンピオン目指してやってるから。そのモチベーションは変わらないし。井上雅央と違うから。チャンピオンを目指す気持ちがなくなったら、レスラーとして俺は価値がないと思うよ。


――最後に改めてファンに一言

▼杉浦 拳王が凄い来てて、カリスマ的になって、俺なんかもういいだろうという感じになるのかなと思ったけど、結構声援をしてくれてね。嬉しいと思うし。でも、そのぶん、まだまだ俺に期待感を持ってくれているんだなと思うんで、モチベーションはますます上がるし。これ(ベルト)持ってね、また次々と防衛していきたいんで。ありがとうと。


【試合後の拳王】
▼拳王 ……悔しいけどな…負けた…。まだ飲み込めてねえけどな…あんだけ偉そうなこと言って…ノアを変えるって言って…。ノア=丸藤・杉浦の時代じゃねえって言って…なんで俺負けてんだよ…。今日はなんも考えられねえよ…クッソ…


【表明後の小峠】
――挑戦表明に動いた理由は?

▼小峠 単純に心動かされたからですね。


――ブーイングだったが?

▼小峠 俺が支持されてないのは、俺自身分かってますから。ただホンマに心動かされたっていうか。『あの人が持ってるベルトだったら行きてえな!』って思ったんで。


――支持率を上げろと

▼小峠 上げます。頑張ります。もう何もないっす!



シングルマッチ

宮脇純太
宮脇純太 vs LEONA<br>(ドラディション)

LEONA
(ドラディション)

5分15秒

足四の 字固め

タッグマッチ

大原はじめ 
大原はじめ  vs タダスケ

タダスケ

熊野 準
熊野 準 YO-HEY

YO-HEY

8分58秒

スーパー顔面G → 片エビ固め

タッグマッチ

井上雅央
(フリー)
井上雅央<br>(フリー) vs コーディ・ホール

コーディ・ホール

中津良太
(プロレスリングBASARA)
中津良太<br>(プロレスリングBASARA) KAZMA SAKAMOTO<br>(フリー)

KAZMA SAKAMOTO
(フリー)

7分47秒

スモールパッケージホールド

スペシャルタッグマッチ

マイバッハ谷口 
マイバッハ谷口  vs KENSO

KENSO

長井満也
(ドラディション)
長井満也<br>(ドラディション) ジェイ・ブラッドリー

ジェイ・ブラッドリー

9分34秒

マイバッハボムツヴァイ → 体固め

スペシャルタッグマッチ

丸藤正道
丸藤正道 vs 齋藤彰俊

齋藤彰俊

小峠篤司
小峠篤司 越中詩郎<br>(フリー)

越中詩郎
(フリー)

11分01秒

ムーンサルトプレス → 片エビ固め

シングルマッチ

潮崎 豪
潮崎 豪 vs 清宮海斗

清宮海斗

12分47秒

ショートレンジ豪腕ラリアット → エビ固め

GHCジュニア・ヘビー級タッグ選手権試合60分1本勝負

(第32代選手権者)

石森太二
石森太二 vs 小川良成

(挑戦者)

小川良成

(第32代選手権者)

Hi69
Hi69 田中稔

(挑戦者)

田中稔

13分46秒

キャメルクラッチ式アームロック


※小川良成&田中稔組が第33代選手権者となる。

GHCジュニア・ヘビー級選手権試合60分1本勝負

(第36代選手権者)

原田大輔
原田大輔 vs HAYATA

(挑戦者)

HAYATA

17分29秒

片山ジャーマンスープレックスホールド


第36代選手権者が4度目の防衛に成功。

GHCタッグ選手権試合60分1本勝負

(第41代選手権者)

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ vs 中嶋勝彦

(挑戦者)

中嶋勝彦

(第41代選手権者)

クワイエット・ストーム
クワイエット・ストーム マサ北宮

(挑戦者)

マサ北宮

20分16秒

サイトースープレックス → エビ固め


中嶋勝彦&マサ北宮組が第42代選手権者となる。

GHCヘビー級選手権試合60分1本勝負

(第30代選手権者

拳 王
拳 王 vs 杉浦 貴

(挑戦者)

杉浦 貴

27分36秒

レフェリーストップ ※回転式フロントネックロック


杉浦貴が第31代選手権者となる。