ツアー

2018.01.05

【いよいよ明日開催】1.6後楽園 GHCヘビー級選手権・拳王vs清宮海斗調印式の模様

1月5日、ノア事務所にて明日、後楽園ホールで行われるGHCヘビー級選手権試合の調印式が行われた。初防衛に挑む拳王は清宮を「グリーンボーイ」扱い。一方、清宮は試合を通じて「絶対にまけない」と勝利を誓った。半年間の海外修行から凱旋した清宮海斗がどんな戦いを魅せてくれるのか?2018年の方舟の舵を握るのはどっちだ⁉︎

 
1.6後楽園調印式情報_001

【調印式におけるコメント】

ーー決戦直前の心境を

▼清宮 明日は必ず俺が勝ちますので、後楽園ホールに皆さん来てください。

▼拳王 プロレスリング・ノアを創った三沢さん。三沢さんに関わりのない人間が初めてチャンピオンになり、そして三沢さんに関わりのない人間が挑戦者としてくる。三沢さんと関わったことが無い人間同士による初めてのタイトルマッチ。テメーらが想像もつかないようなスゲー試合をする。こんなデビュー3年足らずのグリーンボーイに俺が負けるわけがない。俺が必ず防衛して、さらに上を目指していく。


 
1.6後楽園調印式情報_002

ーー海外遠征で清宮選手はどれほどパワーアップしたと実感している?

▼清宮 このベルトに挑戦するに値するだけの練習と試合を毎日重ねてきたので、もちろん獲る自信があっての挑戦です。まず体重も力も違う。何よりハングリー精神を養えたので負けることはないと思います。半年前の僕とは完全に違うんで、拳王さんが『グリーンボーイ』だと思っているようなら、絶対に負けないです。


 
1.6後楽園調印式情報_003

ーー清宮選手は『半年前とは別人』と主張しているが?

▼拳王 (12・22)後楽園のリング上でも言った通り、今いるノアの中途半端なレスラーよりコイツの目は本物だった。でも俺はヘビー転向1年でこのベルトを手にしたんだぞ? 俺の気持ちのほうがさらにつえーんだ。テメーに負けるワケがねえだろ。このグリーンボーイが!

ーー拳王選手もこの半年間で飛躍的に存在感を増したが、この半年間での“成長具合"でも負けていない?

▼拳王 半年前、福島での壮行試合でコイツと戦った。そこから半年。コイツも成長したのかもしれない。でも俺のほうが険しい道のりを歩んできたんだ。福島での壮行試合、10分そこそこだったろ? だからもっと短いタイムでコイツを叩きつぶしてやる。

ーー…と通告されたが?

▼清宮 それだと海外に行った意味が無いので。試合でお客さんに分かってもらうしかないので、僕は口というよりはお客さんに試合で分かってもらって、拳王さんにも成長というのを見てもらいたいと思います。

ーーとなると、今まで日本では見せたことがない技や動きを持っている?

▼清宮 そうですね。フィニッシュに向けていろいろと策を練っているので、当日披露したいと思います。


 
1.6後楽園調印式情報_004

ーーノアが生まれ変われるかどうかの1年、そのスタートダッシュを占う重要な大会になるが、GHC王者として今年改めてどうノアを導いていく?

▼拳王 ずっと言ってきたけど、俺には夢があるんだよ。その夢に向かって一歩一歩、進んでいくだけだよ。俺がこのベルトを持ってる。ノアの顔だろ? 俺は必ず夢に向かって一歩一歩、歩んでいく。

ーー清宮選手は“三沢さんに関わりの無い選手同士によるGHC戦"について?

▼清宮 僕は三沢さんに憧れてノアに入ったというのはあるんですけど、今の状況からして、拳王さんが言うように世代は完全に入れ替わってると思うので、新しい戦いは見せたいと思ってます。ただ、過去があって今があるとも僕は思っているので、そういう部分も試合でしっかり見せていきたいと思います。


 
1.6後楽園調印式情報_005

ーー“GHC王者・拳王"の印象は?

▼清宮 僕が海外行く前、拳王さんは『俺がトップになる』と言っていて、その通りにチャンピオンになったので凄く尊敬はしています。ただ、僕はそれ以上に海外に行って成長していると思うので、“成長"という部分でも拳王さんに負けるつもりはまったくないです。

シングルマッチ15分1本勝負

小川良成
小川良成 vs 宮脇純太

宮脇純太

29秒

バックドロップ → 体固め

6人タッグマッチ20分1本勝負

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ vs 長井満也<br>(ドラディション)

長井満也
(ドラディション)

クワイエット・ストーム
クワイエット・ストーム 宮本裕向<br>(666)

宮本裕向
(666)

齋藤彰俊
齋藤彰俊 コーディ・ホール

コーディ・ホール

9分9秒

ハイパーニー空牙 → 体固め

10人タッグマッチ30分1本勝負

原田大輔
原田大輔 vs Hi69

Hi69

タダスケ
タダスケ 大原はじめ 

大原はじめ 

HAYATA
HAYATA 熊野 準

熊野 準

YO-HEY
YO-HEY 田中稔

田中稔

LEONA
(ドラディション)
LEONA<br>(ドラディション) 諸橋晴也

諸橋晴也

17分49秒

クリップラークロスフェイス

シングルマッチ30分1本勝負

杉浦 貴
杉浦 貴 vs ジェイ・ブラッドリー

ジェイ・ブラッドリー

8分05秒

オリンピック予選スラム → 片エビ固め

タッグマッチ30分1本勝負

潮崎 豪
潮崎 豪 vs 中嶋勝彦

中嶋勝彦

小峠篤司
小峠篤司 マサ北宮

マサ北宮

15分52秒

監獄固め

シングルマッチ30分1本勝負

丸藤正道
丸藤正道 vs マイバッハ谷口 

マイバッハ谷口 

11分27秒

反則勝ち ※セコンドの度重なる乱入のため

X-Division選手権60分1本勝負

(第84代選手権者)

石森太二
石森太二 vs アンドリュー・エベレッタ<br>(Impact Wrestling)

(挑戦者)

アンドリュー・エベレッタ
(Impact Wrestling)

16分44秒

450°スプラッシュ → エビ固め


第84代選手権者が3度目の防衛に成功。

GHCヘビー級選手権試合60分1本勝負

(第30代選手権者)

拳 王
拳 王 vs 清宮海斗

(挑戦者)

清宮海斗

22分02秒

レフェリーストップ ※ハイキック


第30代選手権者が初防衛に成功。