ツアー

2017.12.30

【1.6後楽園でGHCヘビー級王座に挑戦!】清宮海斗選手インタビュー!

6.25郡山大会を最後に海外修行に旅立った清宮海斗。半年ぶりに帰国した清宮の体格は一回り大きくなっていた。半年前に壮行試合で戦った拳王は新GHCヘビー級王者となり、凱旋試合でその王座に挑戦する。GHCヘビー級史上最年少王者の誕生となるのか?方舟の未来を担う清宮にインタビュー!

 
清宮海斗選手情報_001

ーー約半年間の海外遠征はいかがでしたか?

清宮 プロレスに没頭出来た最高な半年間でした。


ーー自身初の海外ということで楽しかった事や辛い事など色々あったと思いますが?

清宮 体重を増やすのが苦だったんですが、現地のプロレスラーのみんなと一緒に切磋琢磨してこれたので苦しいだけじゃなく達成感もあっていい思い出です。


ーー現地の食べ物はいかがでしたか?

清宮 食事は体重を増やすことしか考えてなかったので、あまりいい思い出とかはないですがステーキが美味しかった(笑)


ーーオフの日に息抜きで出かけたりしましたか?

清宮 いや、自分が住んでたところが田舎だったってこともあって、遊びに出かけるような場所がなかったです。なのでオフの日もジム行ってトレーニングをしてました。いい意味で誘惑がなかったのでプロレスに集中できる環境でした。


ーーノアの状況はチェックしていましたか?

清宮 SNSで常に情報収集していました。中でも自分にとってはじめての後輩の宮脇がデビューしたってことが一番嬉しいニュースでした。


ーーエディ・エドワーズ選手のGHC 戴冠や拳王選手のGL優勝など勢力図がガラリと変わりましたが、そういうのも当然耳には入っていた?

清宮 はい。エディさんがベルトをとったってのが一番衝撃的でした。何か今までのノアからガラッと変わったような気がして。でも、いくらかつてノアの練習生だったといえど、今はインパクトレスリングの外敵なわけじゃないですか。それにノアのベルトを取られて、海外に流出した。自分が出ていたカナダの大会でエディさんが防衛戦(11.6カナダ、vsファンタスマ)をやっていたので、目の前で観て正直悔しい気持ちもありました。拳王さんに関しては常にポテンシャルも高いですし、同じチームとして横で見させていただいてたので、優勝した事に対しては当然の結果で驚きとかはなかったですが、ノア新時代が始まったなという気がしました。


ーーそういう状況をチェックしていて、ノアに戻りたいという気持ちが湧いてきたことはありましたか?

清宮 当初は向こうでの生活に慣れることや練習で精一杯であまり日本のことは考えれなかったです。慣れて行くにつれ徐々に向こうで覚えた新技を日本で試してみたいという思いが湧いてくることもありましたが、もっと体を大きくしたい、技術を身に付けたいという思いが交錯していました。


ーー凱旋し、いきなりのGHCヘビー級王座への挑戦ということで賛否両論ありますが?

清宮 周りからしたら半年間の海外遠征っていうのは短いって言われるだろうなと思っていたので予想はできてました。でも周りにとってはたった半年かもしれませんが、僕からしたらこの半年で力をつけた自身があるし、日本では経験できないような練習と試合だけをひたすら繰り返す生活を経験できた。カナダの小さなプロモーションの試合からインパクトレスリングの本体で試合をできるまでになった。ノアでそういう経験をした選手は他にいませんよね?周りの言うことに囚われず試合を通じて自分の成長を見せつけたいです。


 
清宮海斗選手情報_002

ーー拳王選手の今の勢いに期待するお客さんが多いように感じますがそれについては?

清宮 拳王さんがベルトをとってマイクパフォーマンスをしていたあの時って拳王さんへの歓声が凄くて、新時代の到来が見えた瞬間だったじゃないですか。あの空気感の中で挑戦表明をするって生半可な気持ちではできないと思うんですよ。他に誰か来ましたか?あそこで行ったからには俺が新時代の舵を取らなきゃいけないと思ってます。


ーー今回対戦する拳王選手とは6.25郡山の壮行試合で対戦した相手。その時は完敗でしたが?

清宮 それは海外に行く前のことだし、今は勝つ自信や活路を見出せたから挑戦表明したわけですから。以前は3カウントを奪えなかったジャーマンでも今は3カウント奪える自信があるし、前のように無鉄砲にプロレスをやっていた頃とはワケが違う。色んな技を拳王さんにぶつけて、拳王さんにも自分の成長を感じさせたいです。


ーー見せたことない技も向こうで覚えた?

清宮 はい。楽しみにしていてください。


 
清宮海斗選手情報_003

ーー勝てば最年少戴冠記録を更新です。

清宮 そういうことはあまり意識してなかったですが、ノア最年少デビューとGHCヘビー最年少挑戦者が自分なのでGHCヘビー最年少戴冠もいけると思います。


ーーでは最後にタイトルマッチへの意気込みをお願いします。

清宮 拳王さんが“新時代の幕開け”と言っていますが、確かにもう上の世代の人たちの時代ではないので、現チャンピオンの拳王さんを倒し、新GHCヘビー級王者になることで僕の時代にして、生まれ変わったノアの舵をとりたいと思います!応援よろしくお願いします。