ツアー注目情報

2017.09.24

後楽園大会 蹴撃戦制して拳王KO!Gリーグへ中嶋逆襲宣言 9月23日 後楽園ホール大会試合後コメント

20170923後楽園ホール大会_001

蹴撃戦制して拳王KO!Gリーグへ中嶋逆襲宣言▼ジュニア最終前哨戦 石森眼前で原田が片山G葬▼タッグ奪取へストームが怨敵・小峠粉砕▼HAYATA奮戦も丸藤貫録勝ち▼LEONAノアマット初勝利…後楽園大会

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください



後楽園大会 蹴撃戦制して拳王KO!Gリーグへ中嶋逆襲宣言 9月23日 後楽園ホール大会試合後コメント


◆第1試合 タッグマッチ 20分1本勝負
大原はじめ、熊野準 vs 池田大輔、井上雅央
20170923後楽園ホール大会_002

【試合後の大原】
――井上が相手ではあったがヘビー級のコンビを破ったが?

大原 最後のムイビエンが…足が上がんなくて。重たいのと硬いので…。連係の直後、ダメージがある時にちょうど流れで決められたのが良かったですね。やっぱり体格差があるとムイビエンもなかなか決まらないなと。池田さんもいましたから、簡単じゃなかった。井上雅央も工夫してきた。ブーツをズラしてきたりして。

――何かと刺激している小川から『大原レベルに俺はコントロールできない』と言われたが?

大原 僕がコントロールできるとは思ってないし、僕以外の誰かにもコントロールできないだろうし、むしろそうなってしまったら、小川良成は小川良成じゃなくなってしまうと思うし。ただ、僕は小川良成を刺激することで色んなことが崩せるんじゃないかと思ったし、注目も集まってたところで諸橋が来たり…とか。自然と何かのうねりが生まれると思ったので。今のノアジュニアはそれぞれがイデオロギーを持ってて、その分面白くなってると思います。


◆第2試合 タッグマッチ 20分1本勝負
小川良成、アシュリー・イストリア vs YO-HEY、LEONA
20170923後楽園ホール大会_003

【試合後のLEONA】
――ノアで初の自力勝利となったが納得できるもの?

LEONA いや、今日はパートナーのYO-HEYさんがチャンピオンで、そういう実力ある人が隣にいてくれたということが今日の勝利につながった。今日はあんまりまだしゃべりたくない。小川さんにあんなにいいように(手足を)とられて、アシュリーにもあれだけやられて…。泥臭く、全力でプロレスに夢中になりたいと思います。ありがとうございました。


◆第4試合 GHCタッグ前哨戦 4WAYマッチ 30分1本勝負
潮崎豪 vs モハメド ヨネ vs マイバッハ谷口 vs マサ北宮
20170923後楽園ホール大会_004

【北宮の話】
見ての通りだ! 前回のタッグの前哨戦だって俺が勝ってんだ。今回だってそうよ。あいつらじゃねえ、ノアのヘビーは。この俺・マサ北宮だ。テメーら平和ボケすんじゃねえ。ヌルいことやってんじゃねえぞ!

【休憩前】
20170923後楽園ホール大会_005

【稔のコメント】
――改めてノアを戦場に選んだ理由を

稔 今までIWGPジュニア、世界ジュニア、ZERO1ジュニア二冠、W-1クルーザーディビジョン、FMW認定ジュニア、インディペンデントジュニア…いろんなジュニアのタイトル巻いてきたんですけど、何かひとつ足りないわけですよ。GHCジュニアには、かすってもいないワケですよ。9年越しの念願を果たしにきました。

――9年越しというのは?

稔 ちょうど新日本を辞めるのを決めた時。その時、IWGPジュニア、世界ジュニア、GHCジュニアを巻いたことがある人が誰もいなかった。フリーになってそれをやろうと思ったら、いとも簡単に丸藤正道がやってしまった。やっぱりGHCジュニアっていうのは巻いてみたいですね。9年間、いろんな団体に上がってきましたが、頭の片隅に常にあったのがGHCジュニアだったので。そういう意味で9年越しの念願を果たしたいなと。

――ノアの印象は?

稔 新日本が“暗黒期"と言われてる時代に新日本にいて、片やノアって凄かったワケですよ。日本武道館、常に超満員で。唯一ノアに上がったのが2002年4月7日、有明コロシアムなんですけど、その時もパンパンでしたからね。ノアのジュニアも丸藤選手とKENTA選手が凄かったし、常に勝手にライバル視していた団体ではあったんですよ。ようやく緑のマットに上がれるな…と今日も(※緑のTシャツを)コーディネートしてきました。

――ちなみに先ほど上がってきたのは熊野準という選手だが?

稔 もちろん知ってます。どこかに上がるとなったら、どんな選手がいて、身長とか技とか調べるので、もちろん彼のことも知ってます。このリングで一刻も早く戦いたい。ウズウズしてるんで、そうやって名乗りを上げてくれる熱い選手がいるのはうれしいし。まぁ僕、照れ屋なんでうれしい気持ちを表現できなかったですけど。もちろん知ってます、熊野選手。

――なるべく早く試合を組んで欲しい?

稔 そうですね。彼もやりたいと言ってくれてますし、彼とシングルでもいい。ただ、俺がGHCジュニアに向かう道を邪魔するんであれば、叩き潰すしかない。一戦一戦、一人ひとり潰していって、ベルトにたどり着きたい。早く試合したいです。


◆第5試合 GHCタッグ選手権試合前哨戦 30分1本勝負
小峠篤司 vsクワイエット・ストーム
20170923後楽園ホール大会_006

【ストームの話】
シングルでもタッグでも勝つ!アタリマエ!だって、50ファンキーバスターボム決まったら1、2、3。50cmイン・ユア・フェイスでも1、2、3。ヨコハマでニューチャンピオンズ、ベイビー!!何も怖いモノないネ!このままのイキオイでいけたら、永遠のチャンピオンになれる!イキオイがトマラナーイ!


◆第6試合 GHCジュニア・ヘビー級選手権前哨戦 タッグマッチ30分1本勝負
石森太二、Hi69 vs 原田大輔、タダスケ
20170923後楽園ホール大会_007

【試合後の原田】
――最後の前哨戦を良い形で締めくくれたが?

原田 コーナーで技狙ったら、思い切り嫌がられたんで、本番はもっとダメージを与えてから狙っていこうかなと。これもまぁ一つのチャンピオンに対する揺さぶりですよ。俺は常に攻めの姿勢でいますから。絶対守りになんか入らへんし、どんどんチャンピオンを追い込んでいきたいと思います。

――“獲りたいんや"と言っていたベルトへの思いを改めて

原田 獲りたいんや!勝ちたいんや!って気持ちが強いし、石森太二とも主張をぶつけ合ってきた。『ジュニア相手に防衛し切ったら返上してヘビー行く』っていう発言が俺はどうしても気に食わなかったから。俺もそこに俺の考えをぶつけていった。やっぱりジュニアにこだわりたいから。ノアジュニアってモノに。だから横浜でその思いをぶつけて、石森太二の思いも受け止めて、どっちの気持ちが上かっていうのをハッキリさせたいと思います。


【試合後の石森】
――前哨戦で敗れてしまったが?

石森 前哨戦、全体的にドンドンドンドン向こうのいいペースにやられているんですけど。まあでも、タイトルマッチは俺がキッチリ防衛して。説得力ないかもしれないけど、アイツじゃ俺に勝てないと思うから。それを横浜でわからせてやろうと思います。(脇腹を押さえて)痛えな、チクショウ。

――腹部攻めが効いている?

石森 そうですね。ちょっと誤算だったのは、エルボーはわかってたんだけど、決められるかなと思って450を安易に出したのが裏目に出たね。まあでも、タイトルマッチはちゃんと対策練って、ガッチリ勝ちたいと思います。


◆第7試合 シングルマッチ 30分1本勝負
丸藤正道 vs HAYATA
20170923後楽園ホール大会_008

【丸藤の話】
プロレスリング・ノアのHAYATA。素晴らしい。俺があの年齢、あのキャリアの時より全然上だ。ガンガンもっと来い。


◆第8試合 シングルマッチ 60分1本勝負
中嶋勝彦 vs 拳王
20170923後楽園ホール大会_009

【中嶋の話】
全て失って…。でも、それでも俺のことを変わらず応援してくれるファンがいる。だから、俺はまだここに立っているし、そのファンの皆さんの期待に応えるためにも、俺は立ち上がります。10・1横浜。俺にとっては面白くねえカードだけど、でも重要なのは違う。横浜はもう決まってる。でも、グローバルリーグは何も決まっちゃいねえ。変えられるんだよ。俺が…俺が変えるんだ。アンストッパブル! 俺は止まらねえ…


【拳王の話】
何度GHC防衛して、アイツがチャンピオンでノアのどこが変わったんだ!? NOAH the REBORN、俺なら体現できる、やってやるって思っててよ、それで負けちまって何やってんだ、俺はよ!! 来月グローバルリーグ。俺が必ずグローバルリーグ制してこのノアを変えてやるんだ。今日負けた中嶋勝彦ができなかった“ノアを変えること"を俺がやってやるんだ…




タッグマッチ20分1本勝負

大原はじめ 
大原はじめ  vs 井上雅央<br>(フリー)

井上雅央
(フリー)

熊野 準
熊野 準 池田大輔<br>(フーテンプロモーション)

池田大輔
(フーテンプロモーション)

8分35秒

片エビ固め ※井上選手の身体が硬すぎて、ムイビエンが崩れて

タッグマッチ20分1本勝負

小川良成
小川良成 vs YO-HEY

YO-HEY

アシュリー・イストリア
アシュリー・イストリア LEONA<br>(ドラディション)

LEONA
(ドラディション)

9分14秒

足4の字固め

タッグマッチ30分1本勝負

齋藤彰俊
齋藤彰俊 vs コーディ・ホール

コーディ・ホール

諸橋晴也
諸橋晴也 KAZMA SAKAMOTO<br>(フリー)

KAZMA SAKAMOTO
(フリー)

7分54秒

腕極め首固め

GHCタッグ選手権前哨戦4WAYマッチ30分1本勝負

潮崎豪
vs
モハメド ヨネ
vs
●マイバッハ谷口
vs
○マサ北宮

6分53秒

サイトースープレックス → 片エビ固め

GHCタッグ選手権前哨戦30分1本勝負

小峠篤司
小峠篤司 vs クワイエット・ストーム

クワイエット・ストーム

13分31秒

50cm腕ラリアット → 片エビ固め

GHCジュニア・ヘビー級選手権前哨戦30分1本勝負

石森太二
石森太二 vs 原田大輔

原田大輔

Hi69
Hi69 タダスケ

タダスケ

12分17秒

片山ジャーマンスープレックスホールド

シングルマッチ30分1本勝負

丸藤正道
丸藤正道 vs HAYATA

HAYATA

12分05秒

不知火 → 片エビ固め

シングルマッチ60分1本勝負

中嶋勝彦
中嶋勝彦 vs 拳 王

拳 王

12分08秒

レフェリーストップ ※ハイキック