ツアー注目情報

2017.07.22

高松大会 大原ヘデックに屈す HAYATA&YO-HEY4勝目、首位タイ5チームの大混戦で最終公式戦へ 7月21日高松シンボルタワー展示場大会試合後コメント

高松大会 大原ヘデックに屈す HAYATA&YO-HEY4勝目、首位タイ5チームの大混戦で最終公式戦へ▼ケイジ譲らず応戦 今度は中嶋眼前で北宮を完全KO▼恩師と火花で原田&タダスケ4勝目 グルクンは原田に一騎打ち要求▼XX4勝目、DNAコンビは4連敗で脱落▼練習生・宮脇が地元であいさつ  …高松シンボルタワー展示場大会詳報

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください



長岡大会 コーディ突き刺した、ケイジ眼前で中嶋反撃星 「二冠王でヤツの前に立つ」 7月17日アオーレ長岡大会試合後コメント


◆試合前 GHCヘビー級選手権調印式

全試合開始前には7・27後楽園大会のGHCヘビー級選手権試合「(選手権者)中嶋勝彦vsブライアン・ケイジ(挑戦者)」に向けた公開調印式が開かれた。調印式における両選手のコメントは以下の通り。

【調印式の模様】
――王座戦に向けた意気込みを

ケイジ ナカジマはなかなか良いチャンピオンだ。何度も防衛もしてきたんだろう。でもこの俺と向き合うからには、このザ・マシーンと向き合ったからには、7月27日、ユーはそのタイトルを手放すことになる。

中嶋 7月27日、もうすぐですけど、ひじょうに素晴らしい選手だと思います。見るからに強いですし。今日の試合もパワーを発揮してくると思いますけど、俺はこのベルトを守ってきたその自信があるので。彼よりパワーは無いかもしれない。デカくもないかもしれない。でも彼より強い心は持ってます。しっかりベルトを守ってまた戻ってきたいと思いますので、皆さん応援よろしくお願いします。

◆第1試合 第11回グローバル・ジュニアヘビー級タッグ選手権公式戦30分1本勝負
カイザー、ガストン・マテオ vs フィル・アトラス、諸橋晴也

【試合後のアトラス&諸橋】
アトラス これで4勝目。8ポイントだ!

諸橋 OK! おい! おい! 先がよ、さらに見えてきたな! おい! 明日だ。明日がすげー楽しみだオイ! あ~っ!? もうよ、いいイメージしか頭にねえんだよ。たまんねーな、興奮してきちゃうなオイ! とりあえず明日見とけ! あ~っ!? ウチらはな、基本個人プレーなんだよ。でもな、それが最終的にはチームワークになる。だから強いんだ。見とけ。

◆第2試合 第11回グローバル・ジュニアヘビー級タッグ選手権公式戦30分1本勝負
石森太二、Hi69 vs 勝俣瞬馬、MAO


【試合後の石森&Hi69】
――これで4勝2敗、王者としては踏みとどまった形となったが?

Hi69 俺らがやれるのは明日も勝つことだけなんで。今日も全身全霊で勝ちにいって勝てて良かったです。

石森 もう明日勝って優勝決定戦に行って、あとは勝つだけです。

――DNAの二人はどうだった?

Hi69 素晴らしいですよ。MAO選手は特に迷彩好きみたいなんで、何かあったら何かあってもいいかもしれないですね。

石森 もう一人のほう(勝俣)はダメだけどね(笑)

Hi69 迷彩嫌いなヤツに悪いヤツはいないんで。だから戦争も起きないんですよ!

――…??

Hi69 ……よしっ太二、明日も頑張ろうぜ!

石森 お、おう…

◆休憩前 宮脇純太挨拶
【休憩前】
 休憩前には8・12横浜大会での正式デビュー戦が決まった練習生の宮脇純太が、地元・高松のリングであいさつに立った。「高松市出身の宮脇純太です! 8月12日の横浜大会でデビューすることになりました。次、帰ってくる時はプロレスラー・宮脇純太として帰ってくるので、応援よろしくお願いします!」と意気込んで四方に礼。場内は激励の拍手に包まれた。

◆第5試合 第11回グローバル・ジュニアヘビー級タッグ選手権公式戦30分1本勝負
原田大輔、タダスケ vs グルクンマスク、首里ジョー



【試合後の原田&タダスケ】
――試合を振り返って?

タダスケ ジョーの野郎、ナメやがって。コテンパンにイワしてやったわ。とりあえず今日で8点? まだ望みはあるっちゅうこっちゃな。なんせ明日、同門やけど、仲間やけど一切容赦せえへんからな。勝っても負けてもお前ら(HAYATA&YO-HEY)、ぶっ壊してやる。

――グルクンとは過去につながりがあった?

原田 そうですね。俺が高校生の頃から知ってる人ですし。格闘技はあの人のところの道場で習ってたんで。今日こうやって試合ができたのは面白かったですね。そして今日は作戦勝ち。ずっと琉球ドラゴンの試合を見ていたら首里ジョーが捕まって、グルクンマスクが暴れるっていう試合展開だったんで、今日はその逆パターンを狙ったら絶対に勝てるなって自信があったんで。それがうまくいって良かったですし。でも彼らまだ1勝もしてないでしょ? 俺もね、このジュニアタッグリーグ。初エントリーの時は1勝しかできなかった。ましてやノアに入って熊野と出た時は0勝やったし。でも、勝ち点はなくてもお客さんとかみんなに伝わるモノは絶対あると思うし、偉そうなこと言うてますけど、絶対点が線につながると思うし、今後も出てきたら面白いな…とは思ってます。

――グルクンから1対1でやれと要求されたが?

原田 いつでもどこでもやったるよ、って。沖縄に俺を呼んでやる勇気があるんやったら、いつでも言って来いって。

――明日はRATEL'S対決だが?

原田 今日勝ったところで決勝進出は確定してないんで。タダスケと作戦練って臨みたい。HAYATA&YO-HEY、簡単に勝てる相手じゃないんで。

――RATEL'S対決での優勝決定戦を描いていたが、星取り的に明日どちらかが勝ってしまうと片方が脱落してしまう可能性が高いが?

原田 今日勝ったところで決勝進出は確定してないんで。タダスケと作戦練って臨みたい。HAYATA&YO-HEY、簡単に勝てる相手じゃないんで。

――RATEL'S対決での優勝決定戦を描いていたが、星取り的に明日どちらかが勝ってしまうと片方が脱落してしまう可能性が高いが?

原田 それは重々分かってる。そうは言ってたけど、なかなかそうはいかないのも今のノアジュニアだと思うし、そういう環境のなかで戦えるのは凄くうれしい。だから明日も勝って俺たちが優勝する。以上です。

◆第6試合 第11回グローバル・ジュニアヘビー級タッグ選手権公式戦30分1本勝負
大原はじめ、熊野準 vs HAYATA、YO-HEY


【試合後のHAYATA&YO-HEY】
YO-HEY (※ビートたけしのモノマネのようなしゃがれ声で」あぁぁぁああぁ…腰が痛い! ふぃ~ふぃ~あんな腰攻められたら、こんな声なるやろダンカンこのヤロー!……いやいや! でも見た? 今日の試合。これで4勝やけど、今までのリーグ戦。俺たちのチームプレー的な部分、他のチームと比べて劣ってた部分もあったと思うんやけど…絶対に勝たんといけないこの試合。この戦(いくさ)! その戦で私の腰! まとまる君…まとまる君は結構カタいな…ねり消しぐらいグニャングニャンになっちゃった状態でこの男! 私の嫁・HAYATAがヘデックで救ってくれました! ホンマにいい嫁やな! もうホンマに今夜は色々しような! 色々は想像に任せるわ。何かありますか~!?

――次はRATEL'S対決だが?

YO-HEY それや! 忘れとった。今夜の嫁とのあれやこれやで頭いっぱいやったけど、さっきはどうやったんすか? 原田&タダスケ組は? 勝った!? マジか。OK。その方がおもろい。こっちも8点、向こうも8点。みんなの地元や。みんなの地元・関西は京都でRATEL'S、どっちが強いか。それを決める絶好の舞台や。何かありますか~!?

――ないです

YO-HEY 無いですか~それじゃ嫁、今夜はしゃべっとこうか、いっぱい!

HAYATA …同じや!

YO-HEY 同じや~! 最高やな嫁!

◆第7試合 GHCヘビー級選手権前哨戦
中嶋勝彦、マサ北宮、潮崎豪 vs ブライアン・ケイジ、丸藤正道、マイバッハ谷口

【ケイジの話】
また犠牲者が出たな? 今夜はナカジマ、お前のパートナーをやってやった。お前は次々にいろんなヤツを倒した末に、この俺“ザ・マシーン"ブライアン・ケイジに出会っちまった。7月27日。トーキョー。ブライアン・ケイジによってお前は終わりを迎える。つまり俺がニュー・チャンピオンだ。





GHCヘビー級選手権試合前哨戦60分1本勝負

中嶋勝彦
中嶋勝彦 vs ブライアン・ケイジ

ブライアン・ケイジ

マサ北宮
マサ北宮 丸藤正道

丸藤正道

潮崎 豪
潮崎 豪 マイバッハ谷口 

マイバッハ谷口 

14分16秒

ドリルクロ― → 片エビ固め

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負

【4勝2敗=8点】

大原はじめ 
大原はじめ  vs HAYATA

【4勝2敗=8点】

HAYATA

【4勝2敗=8点】

熊野 準
熊野 準 YO-HEY

【4勝2敗=8点】

YO-HEY

14分24秒

片エビ固め ※HAYATAのヘデックによるアシスト

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負

【4勝2敗=8点】

原田大輔
原田大輔 vs グルクンマスク<br>(琉球ドラゴンプロレスリング)

【0勝6敗=0点】

グルクンマスク
(琉球ドラゴンプロレスリング)

【4勝2敗=8点】

タダスケ
タダスケ 首里ジョー(琉球ドラゴンプロレス)

【0勝6敗=0点】

首里ジョー(琉球ドラゴンプロレス)

13分58秒

片山ジャーマンスープレックスホールド

6人タッグマッチ30分1本勝負

小峠篤司
小峠篤司 vs エディ・エドワーズ<br>(Impact Wrestling)

エディ・エドワーズ
(Impact Wrestling)

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ コーディ・ホール

コーディ・ホール

クワイエット・ストーム
クワイエット・ストーム KAZMA SAKAMOTO<br>(フリー)

KAZMA SAKAMOTO
(フリー)

12分10秒

キルスイッチ → 片エビ固め

タッグマッチ30分1本勝負

拳 王
拳 王 vs 齋藤彰俊

齋藤彰俊

井上雅央
(フリー)
井上雅央<br>(フリー) 小川良成

小川良成

11分56秒

体固め ※拳王の打撃によるノックアウト

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負

【4勝2敗=8点】

石森太二
石森太二 vs 勝俣瞬馬 (DNA)

【2勝4敗=4点】

勝俣瞬馬 (DNA)

【4勝2敗=8点】

Hi69
Hi69 MAO(DNA)

【2勝4敗=4点】

MAO(DNA)

9分28秒

ストゥーカスプラッシュ → 片エビ固め

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負

【2勝4敗=4点】

カイザー
カイザー vs フィル・アトラス

【4勝2敗=8点】

フィル・アトラス

【2勝4敗=4点】

ガストン・マテオ
ガストン・マテオ 諸橋晴也

【4勝2敗=8点】

諸橋晴也

10分03秒

クリップラークロスフェイス