ツアー注目情報

2017.07.21

大阪大会 アグレッション届かず…マケオワがタッグV2 潮崎&小峠名乗りも丸藤が一刀両断 7月20日エディオンアリーナ大阪第2競技場大会試合後コメント

大阪大会 アグレッション届かず…マケオワがタッグV2 潮崎&小峠名乗りも丸藤が一刀両断▼背面砕者達が4連勝で単独首位 琉球勢は5連敗で脱落▼RATEL'S地元で揃ってごう沈 XXが辛くも3勝目▼火祭り首位の拳王粉砕 エドワーズがGHC挑戦権獲得へ前進▼元DEEPウェルター級王者・池本が齋藤を打撃で圧倒 ノア継続参戦を熱望 …エディオンアリーナ大阪第2競技場大会詳報

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください



大阪大会 アグレッション届かず…マケオワがタッグV2 潮崎&小峠名乗りも丸藤が一刀両断 7月20日エディオンアリーナ大阪第2競技場大会試合後コメント


◆第1試合エキシビジョンマッチ
齋藤彰俊 vs 池本誠知
【試合後の池本】
――ノア初参戦の感想は?

池本 以前、プロレスに挑戦した時は稔選手と戦って、U系の動きでしたけど、今日は空手vs格闘技だったり、場外乱闘だったり、ラリアットだったり…食らったことがない技をたくさん食らって想像以上に効きました。そこでスタミナ奪われて自分の良さが軽減されてしまったかな…とは思います。

――プロレス初挑戦ではない?

池本 U-FILEだったりDEEP祭りではやったことがあったんですが、格闘技をやり切って引退してからは2回目です。

――これからもノアに上がりたい?

池本 そうですね。今日のお客さんの反応だったり、選手の方に認めてもらえるのであれば、自分のスタイルを創り上げてもっと上でやっていきたいと思っているので継続参戦したいと思います。

――齋藤はどうだった?

池本 蹴っても蹴っても急所以外は全然効かなくて…。僕らからしたらKO級の蹴りを入れても立ち上がってくるので…。そこを倒すぐらいの蹴りを身につけないと打撃では倒せないなと思いました。打たれ強く、気持ちの強い選手で戦えて良かったと思いました。

◆第2試合 第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負
勝俣瞬馬、MAO vs カイザー、ガストン・マテオ
【試合後のカイザー&マテオ】
マテオ これで2勝目だ。もっと勝ちたい。カミサマのご加護のもとに、これからも勝ち続ける。

カイザー これからまた勝ち続けて再びトップを目指すよ。

マテオ ガンバリマス! カミサマとともに!

カイザー タイトルが欲しい。優勝するよ、必ず。

◆第3試合 第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負
大原はじめ、熊野準 vs グルクンマスク、首里ジョー

【試合後の大原&熊野】
熊野 よし4勝目だ! どのチームよりも早く4勝目だ!

大原 あとは俺が(シングル王座戦で敗れている)HAYATAを倒すっていうテーマがあるのと、無事決勝に行って優勝するってことくらいかな。大会前と比べてだいぶ背面砕者達の評価が覆ったかなと。このまま詰めを甘くせず最後まで完走したい。琉球ドラゴンプロレス、面白かったですね。かなり追い込まれました。本来ならアルゼンチンとムイビエンで勝ちたいところでしたけど、追い込まれたんであの形にせざるを得なかった。それだけの実力があったということだし、またチャンスがあれば試合してみたいなと思いますね。次はムイビエンで勝ちたいと思います。

熊野 首里ジョーも最後突っかかってきたな。いつでもやってやるよ。リーグ戦終わった後でもいい。いつでもお前とやってやるよ。覚悟があるならかかってこい。

大原 残すところはあと2戦。必ず僕らが優勝します。というわけで今日もムイビエン!

◆第5試合 拳王 vs エディ・エドワーズ
【試合後のエドワーズ】
――拳王はどうだった?

エドワーズ キック、ホントにイタイ…。とても強かった。でもその拳王に勝ててハッピーさ。間違いなくノアのトップのひとりだと思う。

――拳王は火祭りで首位に立っているが?

エドワーズ 知ってる。ちょっとクレイジーなスケジュールをこなしてるのも。それでもタフだったよ。またお互い100%の状態でやりたいね。

――GHCヘビー挑戦権獲得に向けて突き進む?

エドワーズ うん。コーラクエンでは北宮と当たる。そこでも勝って、メインのタイトルマッチを見届けたい。そして僕が挑戦者として名乗りを上げてみせる。

◆第6試合 第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負
原田大輔、タダスケ vs フィル・アトラス、諸橋晴也

【試合後のアトラス&諸橋】
諸橋 フィル、ナイスナイス! なんか言ってやれ!

アトラス 最初はお互いを分かって無かったけど、組めば組むほどいいチームになってきてる。このままこのリーグ戦を勝つぞ。

諸橋 今言ったこと分かんのかお前ら、あー!? 決勝と優勝が見えてきたぞ? 俺らは変なこざかしい連係とか合体技なんていらねーんだよ。ベストを尽くせば試合に勝てんだよ。これがホントのタッグだよバカヤロー! このまま突っ走るぞ。お前ら見とけよオラ。

◆第7試合 第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負
石森太二、Hi69 vs HAYATA、YO-HEY

【試合後の石森&Hi69】
――もう後がない状況で3勝目となったが?

Hi69 僕らはホントに負けたら戦線から外れると思ってたんで。その危機感がうまく俺と太二で作用したと思います。

石森 勝ちはしたけど…ちょっとね。もうちょっと自分的には盛り上げられたと思うんだけど…。まぁ勝ちは勝ちだから。次にはつながったから。

――2敗したという現実を王者としてどうとらえている?

Hi69 最初に言った通り、チャンピオンである限りは負けちゃいけない。結果2敗とも僕のふがいなさで取られてるんで、明日からも気合を入れて、甘んじることなく。

石森 結果的に同率チームが多くて混戦になってきてる。それでもまだ望みは捨てないし、必ずこのタッグリーグ戦は俺らXXが優勝します。

――シングル王座戦に向けてYO-HEYとの前哨戦ともなったが?

石森 もう手の内は分かってたんで。あの程度かなって。今日やった限りでは脅威には感じなかったです。

◆第8試合 GHCタッグ選手権試合
丸藤正道、マイバッハ谷口 vs 中嶋勝彦、マサ北宮


【試合後の丸藤】
丸藤 先輩だぞコノヤロー!

――アグレッションとの戦いを振り返って?

丸藤 シングルのチャンピオンもいるし、北宮も含めて簡単な試合になるとは思ってなかったから。でも俺がチャンピオンの勝彦をおさえて動けないようにしていたら、見えないリング上でも必ず谷口が逆転してでも勝ってくれると思ってたから。信じて良かったよ。

――遺恨関係が続いてきた北宮とはひと区切り?

丸藤 もういいだろ。あのヒゲ見てるだけでうんざりだ。またすぐにでも俺の前に立つならば、あのむさ苦しいヒゲを剃ってこい。

――小峠が牙をむいてきたが?

丸藤 やってやるよ。でもな、今このプロレスリング・ノアのタッグチームの中で、俺たちからベルトを獲れる可能性が一番低い! 一番低いのが潮崎&小峠だ。何の期待感もねえ。何の強さもねえ。何もねえ。あいつらにあるのは男前の顔だけだ。以上。





エキシビションマッチ

齋藤彰俊
齋藤彰俊 vs 池本誠知

池本誠知

10分00秒

時間切れ引き分け

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負

【2勝3敗=4点】

勝俣瞬馬 (DNA)
勝俣瞬馬 (DNA) vs カイザー

【2勝3敗=4点】

カイザー

【2勝3敗=4点】

MAO(DNA)
MAO(DNA) ガストン・マテオ

【2勝3敗=4点】

ガストン・マテオ

8分02秒

ダブルアームフェイスバスター → 片エビ固め

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負

【4勝1敗=8点】

大原はじめ 
大原はじめ  vs グルクンマスク<br>(琉球ドラゴンプロレスリング)

【0勝5敗=0点】

グルクンマスク
(琉球ドラゴンプロレスリング)

【4勝1敗=8点】

熊野 準
熊野 準 首里ジョー(琉球ドラゴンプロレス)

【0勝5敗=0点】

首里ジョー(琉球ドラゴンプロレス)

13分01秒

フラッシュパッケージ

8人タッグマッチ30分1本勝負

潮崎 豪
潮崎 豪 vs ブライアン・ケイジ

ブライアン・ケイジ

小峠篤司
小峠篤司 コーディ・ホール

コーディ・ホール

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ KAZMA SAKAMOTO<br>(フリー)

KAZMA SAKAMOTO
(フリー)

クワイエット・ストーム
クワイエット・ストーム 井上雅央<br>(フリー)

井上雅央
(フリー)

12分01秒

ファンキーバスターボム → 片エビ固め

シングルマッチ30分1本勝負

拳 王
拳 王 vs エディ・エドワーズ<br>(Impact Wrestling)

エディ・エドワーズ
(Impact Wrestling)

10分48秒

ボストンニ―パーティー → 片エビ固め

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負

【3勝2敗=6点】

原田大輔
原田大輔 vs フィル・アトラス

【3勝2敗=6点】

フィル・アトラス

【3勝2敗=6点】

タダスケ
タダスケ 諸橋晴也

【3勝2敗=6点】

諸橋晴也

13分23秒

CK3 → 体固め

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負

【3勝2敗=6点】

石森太二
石森太二 vs HAYATA

【3勝2敗=6点】

HAYATA

【3勝2敗=6点】

Hi69
Hi69 YO-HEY

【3勝2敗=6点】

YO-HEY

14分12秒

450°スプラッシュ → 片エビ固め

GHCタッグ選手権試合60分1本勝負

(第39代選手権者)

丸藤正道
丸藤正道 vs 中嶋勝彦

(挑戦者)

中嶋勝彦

(第39代選手権者)

マイバッハ谷口 
マイバッハ谷口  マサ北宮

(挑戦者)

マサ北宮

26分30秒

マイバッハボム・ツヴァイ → 片エビ固め


※第39代選手権者が2度目の防衛に成功