ツアー注目情報

2017.07.18

長岡大会 コーディ突き刺した、ケイジ眼前で中嶋反撃星 「二冠王でヤツの前に立つ」 7月17日アオーレ長岡大会試合後コメント

長岡大会 コーディ突き刺した、ケイジ眼前で中嶋反撃星 「二冠王でヤツの前に立つ」▼XX痛恨2敗目 大原大逆転で背面砕者達が3連勝▼“1対2”はねのけYO-HEYが南米コンビ狩り▼「身体能力だけ」 原田&タダスケがDNA勢に完勝で3勝目▼諸橋組が星取り五分に 奮戦も琉球コンビ4連敗  …アオーレ長岡大会詳報

試合詳細、コメントはノア公式携帯サイトでご確認ください



長岡大会 コーディ突き刺した、ケイジ眼前で中嶋反撃星 「二冠王でヤツの前に立つ」 7月17日アオーレ長岡大会試合後コメント


◆第1試合 第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負
原田大輔、タダスケ vs 勝俣瞬馬、MAO
【試合後の原田&タダスケ】
――連敗はまぬがれて3勝目となったが?

タダスケ あと何試合や? 3試合か。これから全部勝ったら1位ちゃうんか?……ですかね?

原田 1位ちゃうん? あと全部落とさずに勝てば決勝にも行けるし、優勝ももちろんできる。

――優勝決定戦で背面砕者達に借りを返すのが理想的?

原田 うーん…まぁでもHAYATA&YO-HEYと決勝でやるのがやっぱり理想的っすね。

――RATEL'S対決も控えるリーグ戦後半戦に向けて改めて?

原田 タダスケとの連係も日に日に上がってきてますんで。このまま行けば問題ないっすね。

――DNAの二人はどうだった?

タダスケ あいつらな、仮にもアイドルやったら口パクすんなや! ナメてんのか!? どう思います?

――アイドルにはありがちだとは思うが…

タダスケ 結構そういうことしてる!? 知らんかったわ…。まぁ試合でも、もうちょっとガンガン来るとは思ってたけど…。

原田 運動神経はいいし、凄い綺麗な技も持ってるけど、やっぱりガッシガシ行った時に歯ごたえが無かったな…っていうのが正直なところでしたね。身体能力でプロレスやってる…っていうイメージしか感じませんでした。

◆第2試合 第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負
フィル・アトラス、諸橋晴也 vs グルクンマスク、首里ジョー
【試合後のアトラス&諸橋】
アトラス これで2勝2敗だ!

――琉球勢はどうだった?

諸橋 琉球だろうが何だろうがお前、関係ないよ。ウチらはとにかく負けられないんだから。勝ちにいくしかないんだから。今日ちょっと足攻められちゃってフィルには悪いことしたけど、最後頑張ってくれた。サンキュー。

――チームワークは?

諸橋 もう全然…テキトー! 目見れば分かるから。言葉なんか通じないし、俺英語しゃべれないし。

アトラス 化学反応はしっかりあるし、組めば組むほど互いへの理解も深めてるし、グッドチームになってきてるよ。この後のチャンスも逃さずにつかんでいく。

諸橋 OKOK! いいこと言ったよ! 次大阪だろ? 原田だろ? 楽しみでしょうがねえよ。やってやる。

◆第5試合 第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負
HAYATA、YO-HEY vs カイザー&ガストン・マテオ

【試合後のHAYATA&YO-HEY】
YO-HEY え~っとまずはじめに。全世界の皆さま。ワタクシYO-HEYこと藤田洋平。“神"を倒してしまいました。本当に申し訳ございませんでした。(※と深々と頭を下げて謝罪)……そんなんどうでもええねん。ごめんサムいこと言っちゃって。まぁまぁタッグリーグ戦、これで4戦目か。俺らの中では全勝が当たり前の基準やったんやけど、1個落とした。でもまぁまぁこの4戦は俺らの中ではウォーミングアップや。次、20日や。俺らの地元・大阪で、俺たちに対するのは…ダブルワイ…ダブルエキス?の二人。そこは勝って当たり前や。そこに勝って、次も次も勝っちゃって、優勝しちゃって、ほんで! 石森太二が持つGHCジュニアのベルトを私がペローンと巻いたら……ハッピーエンド!(※HAYATAに)なんか言っとこうか!

HAYATA ……同じや!

YO-HEY 同じやぁ~!

◆第6試合 第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負
石森太二、Hi69 vs 大原はじめ、熊野準

【試合後の大原&熊野】
熊野 今日は大原が勝ったぞ。これで3勝目。他にどこが3勝してるんだ?

――RATEL'Sの2チームだが?

熊野 両方ともか。ひとつは昨日勝ったんだよ。次はHAYATA&YO-HEY。ウチのパートナーはHAYATAに負けてシングルのベルトを落とした。でも今の俺たちなら絶対に負けない。俺たちをただのバックブリーカーズだと思うなよ? いろんなモン持ってんだよ。ナメてかかってるとな、全員ぶっつぶす

大原 …HAYATA、次はテメーだこの野郎…。

◆第7試合 GHCヘビー級選手権試合前哨戦60分1本勝負
中嶋勝彦、マサ北宮、モハメド ヨネ vs ブライアン・ケイジ、エディ・エドワーズ、コーディ・ホール

【試合後の中嶋】
――ようやくケイジの前で白星を奪うことができたが風向きは変わった?

中嶋 僕もそう思ってますけど、彼は大きい壁だと思いますし、これくらいじゃビクともしてないとは思う。ひとつのきっかけには過ぎないとは思いますけど、その日は刻一刻と迫ってきてるんで、少しでもこっちのペースに持っていかないといけないんで。

――GHCタッグに向けても直前大会で勝てた形となったが?

中嶋 うん。とりあえずもう次の20日なんで、まずはタッグに集中したい。そしてベルトを獲ってケイジの前に現れたいたいと思います。20日と27日、しっかりとその目で見届けてください。俺は止まらねえ!





第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負

【3勝1敗=6点】

原田大輔
原田大輔 vs 勝俣瞬馬 (DNA)

【2勝2敗=4点】

勝俣瞬馬 (DNA)

【3勝1敗=6点】

タダスケ
(フリー)
タダスケ<br>(フリー) MAO(DNA)

【2勝2敗=4点】

MAO(DNA)

10分43秒

片山ジャーマンスープレックスホールド

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負

【2勝2敗=4点】

フィル・アトラス
フィル・アトラス vs グルクンマスク<br>(琉球ドラゴンプロレスリング)

【0勝4敗=0点】

グルクンマスク
(琉球ドラゴンプロレスリング)

【2勝2敗=4点】

諸橋晴也
諸橋晴也 首里ジョー(琉球ドラゴンプロレス)

【0勝4敗=0点】

首里ジョー(琉球ドラゴンプロレス)

11分56秒

ダイビングボディプレス → 片エビ固め

タッグマッチ30分1本勝負

小峠篤司
小峠篤司 vs 齋藤彰俊

齋藤彰俊

小川良成
小川良成 井上雅央<br>(フリー)

井上雅央
(フリー)

11分50秒

スモールパッケージホールド

タッグマッチ30分1本勝負

丸藤正道
丸藤正道 vs 潮崎 豪

潮崎 豪

マイバッハ谷口 
マイバッハ谷口  クワイエット・ストーム

クワイエット・ストーム

15分31秒

マイバッハボム・ツヴァイ → 片エビ固め

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負

【3勝1敗=6点】

HAYATA
(DOVE)
HAYATA<br>(DOVE) vs カイザー

【1勝3敗=2点】

カイザー

【3勝1敗=6点】

YO-HEY
(フリー)
YO-HEY<br>(フリー) ガストン・マテオ

【1勝3敗=2点】

ガストン・マテオ

4分36秒

顔面G → 片エビ固め

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦公式戦30分1本勝負

【2勝2敗=4点】

石森太二
石森太二 vs 大原はじめ 

【3勝1敗=6点】

大原はじめ 

【2勝2敗=4点】

Hi69
Hi69 熊野 準

【3勝1敗=6点】

熊野 準

14分49秒

ムイビエンクラッチ

GHCヘビー級選手権試合前哨戦60分1本勝負

中嶋勝彦
中嶋勝彦 vs ブライアン・ケイジ

ブライアン・ケイジ

マサ北宮
マサ北宮 エディ・エドワーズ<br>(Impact Wrestling)

エディ・エドワーズ
(Impact Wrestling)

モハメド ヨネ
モハメド ヨネ コーディ・ホール

コーディ・ホール

17分16秒

ヴァーティカル・スパイク → 片エビ固め