ツアー

2017.07.11

「私が得意としている独特な攻撃のスタイルをお見せします」【グローバル・ジュニアヘビー級タッグリーグ戦出場】ノア初参戦!フィル・アトラス インタビュー

 

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦各大会チケット好評発売中です!
私が得意としている独特な攻撃のスタイルをお見せします フィル・アトラス選手インタビュー
実力を日本だけではなく世界に証明するチャンス

―― ノアに初出場となりますが、来日経験はありますか?

Atlas: Yes, last time I was in Japan was January of 2012 working with All Japan Pro Wrestling. I've had the honor of competing in Japan for well over a dozen Tours with AJPW between 2007 - 2012... It's been 5 years since I've visited Japan & I am definitely excited to come back.

アトラス 来日経験はあります。前回の来日は2012年1月の全日本プロレスです。2007年から2012年まで何度も全日本プロレスのツアーに参加していました。5年ぶりの日本、とても楽しみにしています。

―― ノアの印象は?知っている選手などがいたらあわせて教えてください。

Atlas: Seems to me that NOAH's Rpster is top notch, & I've been training real hard & I am determined to not only keep up with the Talent that NOAH has, but maybe even supersede it.
One of the Wrestlers I know is Katsuhiko Nakajima, I used to Train with & also competed against him back in the Day.

アトラス ノアの選手はみんなレベルが高いという印象です。でも私もこれまでしっかり練習し経験を積み重ねてきました。ノアで試合をする選手達のレベルに合わせられるようにするだけではなくその上を行かれるようにしていきたいと思っています。中嶋勝彦選手は以前練習をしたり試合もした事があります。

―― ご自身のPRポイントを教えてください。

Atlas: Well, I'm from Windsor, Ontario, Canada. I began training for ProWrestling at The Can-Am Wrestling School in my Hometown when I was 17 years old, under Scott D'Amore & Alex Shelly. Shortly after I debuted in March 2004, then began to practice My Craft all across Canada. In 2007, I was givin the opportunity to Try-Out with AJPW at The Dojo with Kaz Hyashi. Earning me a Spot on the Roster from 2007 to 2012.
Since then, I have been performing for numerous Independent Promotions all over North America.

アトラス 出身はカナダのオンタリオ州ウィンザーです。17歳からカナダの地元にあるカンナム・レスリングスクールでプロレスを学び始めました。教えてくれたのはスコット・ダモールとアレックス・シェリーです。2004年3月にデビューしてからはカナダのいろいろな所で試合をし経験を積み重ねました。2007年にはカズ・ハヤシ選手がいた全日本プロレス道場でのトライアウトを受けるチャンスに恵まれ2007年から2012年まで参戦していました。それ以降、現在に至るまでは北アメリカのいろいろな団体で試合をしています。

―― 諸橋選手とのタッグでリーグ戦にエントリーとなりましたが?

Atlas: Its an honor to be asked to join the Tournament, it's keeping me busy this July & giving me a Platform to perform to the nest of my abilities infront of the great Japanese Fans. It's time to prove to them what I'm capable of, but its time to prove to the fans all around The World. I am no stranger to Tag Team Wrestling, though I have never worked with Morohashi before, I've been studying his work & I believe we will mesh very well together as a Team.

アトラス このリーグ戦に参加出来る事はとても光栄に思っています。またこうして日本で試合ができる事、これまで積み重ねてきた経験そして実績のもとに皆さんの前で試合が出来る事を嬉しく思っています。自分に何が出来るか、その実力を日本だけではなく世界に証明するチャンスです。実は私はシングルで試合をする事が多くあまりタッグで試合をする機会はありませんがかえってそれが新鮮でまた新たな一面を出せるのではないかと期待しています。諸橋選手とは初めてタッグを組みますがどんな選手かしっかり把握してますし、私のスタイルと彼のスタイルでうまくチームとして機能するだろうと確信しています。

プロレスに対する私の思いの集大成を是非皆さんには見てもらいたい

―― 出場メンバーで気になるチームや選手を教えてください

Atlas: All the Wrestlers in the Tournament have got my attention.. I'd be stupid to take any of them lightly...

アトラス 出場するすべてのチーム、選手全員が気になります。足もとをすくわれないように試合に臨みたいと思っています。

―― ノアのジュニアタッグリーグでどんなものを見せたいと考えていますか?

Atlas: I would like to show the people what I bring to the table, my unique offense, & my shining personality. More importantly, I want to show what nearly 15 years of Hardwork, Dedication, Passion, & Discipline looks like. After this Tournament, I am hoping the Fans of NOAH, aswell as all the Wrestlers, remember the name: Phil Atlas

アトラス 私が得意としている独特な攻撃のスタイルをお見せしますので楽しみにしていて欲しいです。そしてこの明るい性格も。同時に重要な事は15年間の努力の積み重ね、情熱、プロレスに対する私の思いの集大成を是非皆さんには見てもらいたいと思っています。このリーグ戦が終わる頃にはプロレスラー、フィル・アトラスの名前をノアそしてファンの皆さんの記憶に残るよう精一杯やるつもりです。

――ノアファンの皆さんにメッセージをお願いします。

Atlas: Just that Im excited to perform infront of them & I can't wait to be back competing in Japan.

アトラス また日本で、皆さんの前で試合が出来る事をとても楽しみにしています。
【終】
 

第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦概要
■1ブロック8チームにてGHC選手権ルールに基づき、30分1本勝負で総当たりリーグ戦の公式戦を行います。
・勝ち(〇)…2点、不戦勝(□)…2点、負け(●)…0点、不戦敗(■)…0点、時間切れ引き分け(△)…1点、その他あらゆる引き分け(▲)…0点。

■公式戦:7月13日後楽園ホール大会から7月22日KBSホール大会まで各大会にて公式戦を行います。

■優勝決定戦:7月27日後楽園ホール大会にてリーグ戦1位チームvsリーグ戦2位チームによる優勝決定戦を行います。
・最多得点チームが複数の場合は直接対決の勝敗により優勝決定戦進出チームを決定します。
・直接対決が引き分けの場合は優勝決定戦進出チーム決定戦を行います。
グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦開催日程決定!
第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦

■開催日程
 
Summer Navig.2017
第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦
7月13日(木)19:00 東京・後楽園ホール Lコード:34598
7月15日(土)18:00 長野・長野アークスセンター Lコード:34616
7月16日(日)17:00 富山・高岡エクール Lコード:56371
7月17日(祝・月)17:00 新潟・アオーレ長岡アリーナ Lコード:34629
7月20日(木)18:30 大阪・エディオンアリーナ大阪第2競技場 Lコード:56374
7月21日(金)19:00 香川・高松シンボルタワー展示場 Lコード:62727
7月22日(土)18:00 京都・KBSホール Lコード:56394
7月27日(木)19:00 東京・後楽園ホール Lコード:34634

昨年行われた第10回大会を制したのは石森太二&ACH組、今年の参加チームは?そして頂点に立つのは?
ご期待ください!

プレイガイド情報
ローソンチケット ローソン、ミニストップ店頭ロッピーにて購入可能(購入の際、Lコードが必要となります)
北海道0570-084-001/東北0570-084-002/関東・甲信越0570-084-003/東海0570-084-004/近畿・北陸0570-084-005/中国・四国0570-084-006/九州0570-084-008
チケットぴあ ぴあスポット、サークルK・サンクス全店、セブンイレブン全店にて販売・発券可能
0570-02-9999<Pコード=594-150>

webサイト http://pia.jp/t
e+(イープラス) パソコン&携帯にて予約→セブンイレブン全店、ファミリーマート各店頭にて購入可能
webサイト http://eplus.jp/


チケット情報その他詳細は【大会日程】よりご確認ください。